神棚の祀り方

神棚の鏡の意味|位置や飾り方はどうする?曇りがあるときの磨き方や処分交換もあわせて

広告


神棚に鏡は飾る必要があるんでしょうか?そもそもどうして鏡を飾るんでしょう…

深い質問ですね〜。鏡は神話の時代から重要な役割を演じてきたんですね。それは現代にも引き継がれているものです。くわしく説明していきますね。

最近では住宅事情を反映してか、神棚もコンパクトになってきて、鏡のないものもたくさん販売されています。

そうすると、逆に

神棚に鏡がなくても大丈夫なの?

と不安になったりする方も増えてるんですよね。

そこで、この記事では、

  • 神棚の鏡の意味
  • 神棚に鏡は必要か
  • 鏡の磨き方や処分交換

などについてくわしく解説していきたいと思います。

神棚の鏡の意味

神棚の鏡のことを神鏡(しんきょう)といいます。

この神鏡は、神話の世界に出てくる天の岩戸開きの際、岩戸に閉じこもったアマテラスオオミカミが、岩戸の隙間からちらっと姿を見せたとき、鏡にその姿を映したことから、鏡が尊いものという考えになりました。

神話の世界では、さらに、ニニギノミコトという神様が高天原(たかまのはら)という神々の世界から地上界に降りてこられるとき、アマテラスオオミカミから「この鏡はわたしの御霊(みたま)として大切に祀りなさい」と鏡を賜ります。

このときに賜った鏡こそ、令和への御代替わりにあたって、にわかに話題となった三種の神器の1つなわけですが、アマテラスオオミカミからの鏡に関するこの神勅のことを「宝鏡奉斎(ほうきょうほうさい)の神勅」といいます。

そこから、現代まで、神社や神棚で神鏡が祀られるようになります。

また、アマテラスオオミカミの神勅から、「鏡に映る姿に神がある」と考えられるようになり、鏡に映る自分自信が神であるという考え方になっていきます。

すなわち、「良いことも悪いことも、全て自分の行い次第。因果応報、自分の行いが、しかるべき結果を招く」という考え方であり、「自分の行い=神の所業」ということを意味するのです。

また、神鏡は、神棚、神様の前に進むとき、「鏡に映る自分の姿は、神様の前に進むに値するのか」と自分を振り返りチェックするものともなります。

以上が神棚に飾る神鏡の意味となります。

ad4

神棚に神鏡は必要か

こうした神鏡にまつわるいわれからすると、神鏡は神棚を祀るにあたって重要なものであり、必須のものとも考えられます。

たしかに、神鏡は重要なものであることに違いはありません。

ですが、「必須」とまで言えるかというとそうではないです。

そのことをよく示しているのが、全国の神社を総括する神社本庁の考え方にあります。

神社本庁の公式HPでは、こちらのように、神棚を設置せずに神様をお祀りする場合についても紹介されています。
↓↓↓

伝統的に神棚や宮形を用いずにお神札をおまつりする地域もあります。その際は、地域の伝統を大切にしておまつりするとよいでしょう。お神札をおまつりする場所や神棚の位置、宮形の有無等に捉われ過ぎておまつりをしないよりも、出来る形でおまつりすることが大切です。

ということは、神様をお祀りするにあたって、神鏡が必須のものとは神社本庁も考えていないということです。

ただ、せっかく神棚を準備してまで神様を祀るのであれば、神鏡の意味のところで紹介したような鏡の重要性から、神鏡を飾ったほうが望ましい、ということではあります。

ad5

神鏡の位置と飾り方

神鏡を神棚に飾る位置は、宮形(みやがた)の御扉(みとびら)の前になります。

ちょうど神棚全体の真ん中ですね。
↓↓↓

神鏡の意味のところで紹介したように、神鏡は神様をお祀りするにあたって重要なものであるとともに、自分を振り返るきっかけともなるものです。

そのような神鏡の重要な役割からも、神棚の真ん中に飾られることになります。

曇りがある場合の磨き方

例えば、一般の家庭で購入するような安価な神鏡である場合、本鏡ではなく、このようなプラスチックをメッキ加工したようなものだと思います。
(管理人宅の神棚がこちらです。)
↓↓↓

created by Rinker
¥876
(2019/12/06 10:03:45時点 楽天市場調べ-詳細)

この程度のものなら、曇りを防ぐために、神棚を掃除する際や月に1回など折に触れて、メガネ拭きなどで磨く程度で大丈夫です。

どうしようもなく曇ってしまったような場合は、中性洗剤で洗うという方法があります。
↓↓↓

(こちらは中性洗剤です。)

それでも曇りが取れないなら、価格から考えて新調することをおすすめします。

 

ちなみに、本物の鏡だと、本職の方でも曇りを防止したり、除去することはむずかしいようです。

以下、神棚・神具で有名な宮忠さんのHPからの引用です。

鏡の曇りは酸化によるものと職人から聞いております。

日頃のお手入れは鏡の曇りを予防するのに効果はありますが、曇りを完全に防ぐことは難しいと聞きます。

鋳物で出来た本鏡(白銅鏡・青銅鏡)は高価な神鏡の為、曇りが生じた際は磨き・鍍金直しをおすすめ致しますが、鏡・特上鏡の真鍮板にニッケル鍍金仕上げの神鏡は新調をおすすめしております。

金属磨き剤でアンクルビルオールメタルポリッシュというものがあり、これが綺麗になりますが、磨き方が難しく力加減で反対に鏡面を傷めやすいです。

この薬剤の説明書には薄いメッキ製品には不向きとされています。

使用する布はメガネのレンズ拭きで良いと存じます。他の磨き剤では試していません。

小さなチュウブ入りでも2600円程しますので、安価な鏡ですと買い替えをお勧めいたします。

神鏡の交換時期と処分方法

神鏡は、お神札を毎年交換するのとは異なり、特に定期的に交換するというものではありません。

なので、なんらかの事情で曇りがひどくなった、落として壊れてしまったなどのタイミングで新調することになります。

このとき、古い神鏡をどう処分するかですが、このブログを監修してもらっている現役神主さんによると、

 

まずは近くの神社にどんど焼きなどの際に引き取ってもらえるかを確認する。
もし神社での対応やできないという場合には、塩で祓って半紙などで包んで護美(ごみ)として処分する。(この際は、各自治体の分別方法にならってくださいね。)

ということになります。

関連記事>>>神棚のしめ縄の交換時期はいつまで?交換日に避けるべき日はある?処分方法もあわせて!

ad6

まとめ

神鏡には神話の時代から続く深く長い歴史があるんですね!その重要な役割もよくわかりました。

神棚に必須のものではありませんが、飾るにせよ飾らないにせよ、このような神鏡の歴史や役割を知っておくことは大切ですね。

まとめると、

神棚の鏡(神鏡)は、神話の時代、アマテラスオオミカミから、「鏡に映るのは神である」ということで地上界に託された大変重要なもの。

神棚をお祀りする際に、神鏡に映る自分を省みるためにも大切な役割を果たす。

ただし、現代の住宅事情や地域の習わしなど、必ずしも神棚に必須のものではない。

神鏡は定期的なお手入れで曇らないように努めたいが、曇りが取れないような場合は新調するのが妥当。

新調した際、古くなった神鏡は、近くの神社に引き取ってもらうか、それが無理なら家庭ごみとして処分することになる。

以上となります。

それでは最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告