神棚の祀り方

神棚にお供えするお酒|種類は気にしなくてもいいの?適量は?容器の蓋の扱いも整理します

広告


牛太郎
牛太郎
神棚にお供えするお酒って普通は日本酒だよね。
でもさ、うちは日本酒飲まないし、それなら僕がいつも飲んでるビールをお供えしたいなって思うんだけどいいのかな?
きつね
きつね
必ずしも日本酒じゃなくてもいいんだよ。
でも基本的な考えはあるので知っておいたほうがいいよね。

神棚にお酒をお供えするにあたって悩ましいのが、お酒の種類や量。

特に、お酒を飲まない人にとってはどんなお酒をお供えすれば良いのか、判断がむずかしいものです。

そこで、この記事では、

  • 神棚にお酒を供える意味
  • お供えするお酒の種類と量
  • お供えの容器と蓋の扱い

などについてお伝えしていきたいと思います。

こちらの記事は以下の書籍などを参考に作成しています。

  • 神社検定公式テキスト①『神社のいろは』<扶桑社>
  • 『神道いろは−神社と祭りの基礎知識』<神社新報社>

また、現役の神主さん(このブログでは「晴明さん」)にも監修してもらっています。

広告


神棚に酒をお供えする意味

さて、神棚にお供えするお酒の種類や量を考えるにあたり、そもそもなぜ神棚にお酒を供えるのかについて整理しておきましょう。

まず、神棚にお供えする神様の食事として欠かせないのが、米・水・塩

なぜこれらが神棚に欠かせないかというと、米は、神話の時代から、神聖な食物として考えられていること。

なので、神様のお祀りと米は切り離せません。

また、水や塩は、人間にとって不可欠な食物であること。

人間にとって必要不可欠なものを神様にも召し上がっていただくことで、神様への感謝を表します。

そして、酒(日本酒)はこの必須三要素の中の米からできるものです。

つまり、神様とのつながりが大変強い食物なんですね。

それに、酔うほどに神様との一体感を感じさせてくれる(=神人合一)ありがたい飲み物でもあります。

ということで、酒は米・水・塩のように必須のお供え物とまではいきませんが、それと同等と考えられるくらいに重要なお供え物なんです。

米・水・塩・酒をお供えすることで神様への感謝の気持ちを強く表すことに意味があるわけですね。

なお、こうした神様の食事のことを神饌(しんせん)、神様にお供えしたお酒のことを御神酒(おみき)といいます。

広告

お酒の種類はどうするか

神棚とお酒にまつわる疑問の中でよくあるのが、冒頭で牛太郎が質問していた、

牛太郎
牛太郎
お酒の種類は日本酒じゃなきゃダメなの?

というもの。

この点、実は、神棚のお供えとして日本酒じゃないとダメという決まりはありません。

なので、焼酎、泡盛、ワイン、ビール、ウィスキー…なんでもOKです。

参考までにこうした事例も紹介しておきます。
(神社でもこのようなお供えが)
↓↓↓

こちらのブログ記事も。
↓↓↓
『宮城県にある『ビールをお供えする神社』とは?』

神様=米=酒(日本酒)は強く結びついているとはいえ、神棚に欠かせないお供えとまでは考えられていないことからしても、日本酒以外のお供えがあっても不思議ではありませんね。

また、きつねの知る限り、九州では焼酎沖縄では泡盛をお供えする風習があります。

こうしたことからも、日本酒以外の酒をお供えすることに問題はないことがわかります。

広告

量はどうするか

神棚とお酒にまつわる疑問には、お供えする量についてのものもあります。

牛太郎
牛太郎
神棚にお酒をお供えするにしても、瓶子にはどれくらいの量を入れたらいいんだろ?
ちょっとせこい気もするけど、ほんの気持ち程度とか、そんなんでもいいのかな?

これについては、神棚にお供えするお酒の種類について明確な決まりがないように、お供えするお酒の量についての決まりもありません。

なので、ほんの気持ち程度を注ぐというのもOKです。

神主の晴明さん
神主の晴明さん
お酒の量に決まりはありませんね。
実際、お宮にもよりますが御神酒の量は様々です。

私が以前勤めていた神社では瓶子には1割から二割程度入れるくらいでした。

神様は実際の量を召し上がるわけではないので少量でも大丈夫です。

また、

牛太郎
牛太郎
ワンカップをそのままお供えするとかでもいいのかな?

こんな疑問もでてきますが、神主さんによると、

神主の晴明さん
神主の晴明さん
御神酒を交換する時期にもよりますが、瓶子の中のお酒は腐ってしまうので瓶子の傍に日本酒を瓶のまま置いておく形でも大丈夫です。

とのことなので、ワンカップをそのままお供えするのもOKということです。

神棚にワンカップごとお供えした後のお下がりを紹介しましょう。
↓↓↓

ただし、一応、正式には白色陶器の祭器具の瓶子を用いることとされています。

実際の神棚の画像でいえばこちらですね。
↓↓↓

広告

瓶子には蓋をしてお供えすべきか

先ほど紹介した瓶子の画像を再度確認してもらいたいのですが、よく見ると、瓶子には小さな蓋があることがわかります。

牛太郎
牛太郎
お酒をお供えした際、この蓋は開けておくべき?閉じておくべき?
きつね
きつね
神様にお酒を召し上がってもらうんだから、蓋は開けとかないとダメじゃないの?

この点については、

神主の晴明さん
神主の晴明さん
蓋の開け閉めに関して、何か明確な決まりが定められているわけではありません。

ただ、私の神社では朝あげて夕方下げるまで開けたままにしています。

とのことです。

関連記事>>>神棚のお酒の交換時期と処分後の利用方法(工事中)
関連記事>>>神棚にお供えするお酒の位置(工事中)

広告

まとめ

牛太郎
牛太郎
そっか〜。ビールをお供えしてもいいってわかって安心したよ。でも日本酒のほうが気分が高まるような気がしてきたな。
きつね
きつね
神様においしく飲んでいただくという気持ちが大事なんでね。できる範囲でお供えすればいいと思うよ。

まとめると、

要点

お酒のお供えをする・しないについて決まりはないくらいなので、どんな種類のお酒をお供えをするかにも決まりはない。

また、お供えする量についても、瓶子の蓋の開閉についても特に決まりはない。

となります。

それでは最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告

このブログを監修いただいている現役神主norikuroさんに遠隔で御祈祷していただけます。

norikuroさんはココナラでプラチナランクを獲得されている凄腕神主さん。
実績はこちら

実はこのブログもご覧いただくあなたに幸運が訪れるよう御祈祷していただいています。

リアルな神社ではお願いしにくいこともネットでなら可能です。
ぜひあなたもこちらからお試しください。
↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA