神棚の祀り方

神棚のお札の並べ方|2枚以上あるときはどうする?置き方を画像で詳しく解説!

広告


 

実は、神棚にお札を4枚お祀りしたいと考えてるんですが、どう並べてよいのかわからなくて…。

神棚の種類によっても変わってきますよ。基本の考え方がありますのでわかりやすく画像でも説明していきましょう。

天照大御神のお札はもちろんですが、近くの産土神(氏神)様や、商売繁盛のお稲荷様など、複数の神社のお札を神棚にお祀りしたい…

そんなとき、複数のお札の置き方に悩んでしまいますよね。

そこでこの記事では、

  • 2枚(正しくは「2体」)以上のお札の置き方や飾り方

についてが画像なども交えながら詳しく解説していきたいと思います。

お札は「お神札(おふだ)」、「神符(しんぷ)」ともいわれます。この記事では、以下「お神札」の表記で統一します。また、お神札の正しい数え方は、一体、二体と数えます。
【参考文献】
なお、こちらの記事は以下の書籍などを参考に作成しています。

  • 神社検定公式テキスト①『神社のいろは』(扶桑社)
  • 『なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか?』(窪寺伸浩)<あさひ出版>

また、現役の神職さんにも監修してもらっています。

2体以上のお札の並べ方

このブログでは、正しい神社神道の考え方をあなたにお伝えするために、全国の神社を総括する神社本庁の考え方を必ず抑えるようにしています。

この点、神棚に複数のお札をお祀りするときの置き方について、神社本庁の公式HPでは、

お神札をまつる御神座の順位は、中央を最上位とし、次が向かって右その次が向かって左になります。

三社造りの宮形では、中央に日本人の総氏神さまである伊勢の神宮のお神札(神宮大麻)を、向かって右に地元の氏神さまのお神札を、向かって左に崇敬している神社のお神札をお納めします。その他に、神社にお参りをされた際に受けたお神札は、向かって左におまつりした崇敬神社のお神札の後ろに重ねてお納めするとよいでしょう。

一社造りの宮形の場合は、神宮大麻を一番手前に、その後ろに氏神さまその後ろに崇敬する神社のお神札を重ねてお納めします。その他に、神社にお参りをされた際に受けたお神札は、更に後ろに重ねてお納めするとよいでしょう。

お神札の数が増えて、宮形にお納めすることができなくなったときや、宮形に入らない大きさのお神札は、宮形の横に丁寧に並べておまつりします。

と紹介されています。

少しむずかしい内容なので、わかりやすいように画像を使って解説しますね。

まず、整理しなきゃいけないのが神棚に置く御本殿の形をした宮形の種類ですね。

宮形には大きく2つの種類があります。

一社造・・・御扉が1つ
三社造・・・御扉が3つ

の2種類です。

 

次に、お神札の種類です。

神社本庁の公式HPでは、

  • 伊勢神宮のお神札(=神宮大麻)
  • 氏神(産土神)様のお神札
  • 崇敬している神社のお神札
  • その他参拝神社のお神札

の4種類が登場します。

そして、これらのお神札の置き方は、当然ながら2種類の神棚でそれぞれ異なります。

まずは、イメージしやすい三社造からいってみましょう。

実はお札をお祀りするにあたって、お神札にも席次のようなものがあるんです。

ad4

三社造りの場合

三者造でいうと「席次」は、

①真中が一番の「上座」
②続いて向かって右側
③最後に向かって左側

となるので、

  • 国家の最高神である伊勢神宮のお神札が真ん中
  • 各家庭、各会社が所在する地域をお守りくださっている氏神様のお神札が向かって右側
  • 日頃から崇敬の対象としている神様、つながりがある神様のお神札が向かって左側

と並べることになります。
↓↓↓

 

また、先ほどの公式ページにもあるように、その他参拝神社のお札については、

  • 崇敬神社のお神札の後ろに重ねてお納めするとよいでしょう。
  • お神札の数が増えて、宮形にお納めすることができなくなったときや、宮形に入らない大きさのお神札は、宮形の横に丁寧に並べておまつりします。

とありますので、これを画像でお示しすると以下のようになります。
↓↓↓

となります。

ad5

一社造りの場合

一社造でいうと、上から順の「席次」となるので、

①一番上が「上座」
②その次が二番目の「席次」
③その次が三番目が「席次」

となるので、

  • 国家の最高神である伊勢神宮のお神札が一番上
  • 各家庭、各会社が所在する地域をお守りくださっている氏神様のお神札が上から二番目
  • 日頃から崇敬の対象としている神様、つながりがある神様のお神札が上から三番目

と並べることになります。
↓↓↓

その他の参拝神社のお札については三社造りの場合と考え方は同じです。
↓↓↓

 

ad6

お神札を包む薄紙などについて

お神札を神棚に納めるにあたって、いくつか注意事項を確認していきます。

まず、お神札を包む薄紙についてです。

神社などでお受けしたお神札は、和紙の薄紙で包まれているかと思います。

和紙で包む理由については、

  • ご神気が外に漏れないようにするためのもの
  • 各家庭に届くまでに汚れないようにするためのもの

などといわれています。

どちらの理由も神棚に納める際には問題なくなっているので、薄紙は外してお納めします。
↓↓↓

 

また、お神札が大きくて宮形に納めることができないときは、無理やり折って納めるのではなく、先に紹介したように、宮形の横のスペースに丁重に並べるようにします。

お神札は、神様の前でお祓いされたもので、あくまでも神様の分霊であり、神様の力を宿したものと考えられるからです。

お神札を納めた後の宮形の御扉は開けたままにするのではなく、閉めてお祀りするようにしてください。

これもお神札が神様の分霊であるからこその丁寧なお祀り方法の一つです。

ad7

まとめ

複数のお神札の神棚への置き方やお祀りの仕方がよくわかりました。お神札が宮形に入らない場合のことも紹介してもらって参考になりました!

こうした基本的なお神札の置き方を踏まえて、各地方やご家庭の事情に合わせて柔軟にお祀りしてくださいね。

まとめると、

2体以上のお神札を神棚にお納めする場合は、三社造と一社造とで納め方が異なります。

三社造の場合は、

  • 真中に神宮大麻
  • 向かって右側に産土神(氏神)のお神札
  • 向かって左側に崇敬神社のお神札

一社造の場合は、

  • 一番上に神宮大麻
  • その下に産土神(氏神)のお神札
  • さらに下に崇敬神社のお神札

の順に並べます。

その他の参拝神社のお神札は、崇敬神社のお神札の下に重ねていきます。

大きくて宮形に入らない場合や、崇敬神社のお神札の下に重ねていって宮形に入りきれない場合は、宮形の横に丁寧にお祀りします。

その他の注意事項として、

  • お神札を包む薄紙は外してお納めすること
  • 折って納めるようなことはしないこと
  • 宮形に納めた後は御扉は閉めてお祀りすること

となります。

それでは最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告