祝詞

とほかみえみための本当の意味・効果と唱え方|言霊とご先祖さまのパワーが結びつく

きつね
きつね
今回は「とほかみえみため」について、『とほかみえみため〜神につながる究極のことだま〜』をもとに解説していくよ。

こちらのブログでは、以前「とほかみゑみためを含む三種祓詞(三種大祓詞)を解説します」という記事で、「とほかみえみため」について解説したことがあります。

とほかみゑみためを含む三種祓詞(三種大祓詞)を解説します とほかみゑみためと聞くと、能力開発、先祖供養、神さまが味方してくれるといった効能を期待される方も多いのではないでしょうか。 ...

今回の記事は、基本的な内容は以前の記事と重なっていますが、独立した一冊の書籍からの解説となりますので、以前のものよりもより深く「とほかみえみため」を理解できる内容となります。

created by Rinker
¥1,320
(2020/12/02 14:28:08時点 Amazon調べ-詳細)

こちらの書籍では、

  • 言葉の力
  • ご先祖さまからのパワー
  • 「とほかみえみため」の意味・効果
  • 「とほかみえみため」の唱え方

について解説されていますので、この記事でもこれらの内容に沿って確認していきたいと思います。

広告


言葉の力

この書籍では、言葉には未来を先取りする力があると考えています。

現実を変える力があると言い換えても良いです。

たとえば、「〇〇大学に合格する!」という言葉は、〇〇大学合格という未来を先取りしています。

つまり、「〇〇大学に合格する!」という言葉がなければ〇〇大学に合格する未来はありません。

また、「病気を治す!」という言葉がなければ、病気が治った未来はやってこないことになります。

ただ、この書籍では、言葉のそのような力を、音として発せられる言葉そのものに認めているわけではありません。

というのも、物理的に、音自体が未来にまで響いているわけではないからです。

そもそも、音としての言葉が発せられる直前には、「〇〇大学に合格する!」という意志としての言葉が存在します。

この書籍では、この意志としての言葉こそ「言霊(ことだま)」であり、この言霊にこそ未来を変える力があると考えます。

なので、音としての言葉に未来を変える力が認められる場合というのは、あくまでそれが意志に裏打ちされている場合、ということになります。

では、なぜ意志に裏打ちされた言葉には未来を変えるほどの力があるのか?

実は、日本ではかつて、「言葉は神である」と考えられてきました。

つまり、日本語の一音一音は、古事記に登場する神であると考えられていたのです。

意志をともなった言葉は、一音一音が神となるということです。

言葉は神だからこそ、その内容が実現するのは当たり前と考えられるのです。

言葉が神と考えられる根拠として、書籍では詳細は述べられていませんが、以下のように解説されています。

日本語の五十音の周波数を分析してみると、

  • 母音の「AIUEO(あいうえお)」は、地球の五行「木火土金水」と同じ周波数であり、これは国津神(クニツカミ)と考えられること
  • 父韻の「KSTNHMYRWN」は、太陽系の各惑星と同じ周波数であり、天津神(アマツカミ)と考えられること

以上から、言葉は神といえる、との結論づけています。

言葉は神であるからこそ、適切な言葉を使うかどうかで、人生は良くもなるし悪くもなる、ということになります。

広告

ご先祖さまからのパワー

ここからは言葉のパワーをより引き出すための「意志」の持ち方と関連する話となります。

それは、「私は先祖の集合体である」という意識を持つことの重要性です。

私たちは例外なく両親から生まれることになります。

私たちの両親もまた、その両親(=祖父母)から生まれます。

そして、祖父母もまた両親から生まれます。

そうやって先祖を遡っていくと、

  • 1代遡ると両親の2人
  • 2代遡ると両親と祖父母をあわせた6人
  • 3代遡るとあわせて14人
  • 4代遡るとあわせて30人
  • ・・・
  • 10代遡るとあわせて2046人
  • 30代遡るとあわせて10億人
  • ・・・

となります。

さらに極限まで遡ると生命誕生を飛び越えて137億年前の宇宙誕生にまでたどり着きます。

ということは、私たちの体内には、ご先祖さまを含めた宇宙の原初からのあらゆる情報が詰まっていると考えることができます。

私たちの手、足、口、目、鼻、髪の毛の一本一本、爪先に至る身体の隅々にまで、宇宙とご先祖さまからの情報が詰まっているわけです。

そういう意味で「私は先祖の集合体」なのです。

とすると、私たちは、仕事、勉強、修行など、何事に取り組むにあたっても、私たちのDNAに組み込まれたご先祖さまを巻き込んで取り組んだほうが格段にパフォーマンスが上がります。

先祖を意識し、先祖に感謝し、先祖とつながることで、これまで眠っていたDNAが目覚めることになるのです。

神さまの観点から考えると、私たちのDNAには、

  • 宇宙の神である天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)
  • 太陽の神である天照大神(アマテラスオオミカミ)
  • 地球の神である国常立神(クニトコタチノカミ)
  • 先祖の神である遠津御祖神(トオツミオヤノカミ)

が存在しているということです。

そして、まずは私たちの先祖神である遠津御祖神とつながることで、さらなる神々ともつながることができるようになります。

ご先祖さまを通じて私たちは壮大なパワーを背景に活動することができるようになるのです。

広告

「とほかみえみため」の意味・効果

ここまで、言葉のパワーとご先祖さまのパワーという2つの壮大なパワーを紹介してきました。

書籍では、この2つのパワーを結び付けるものとして、

「とほかみえみため」の8文字

こそ最強の言葉であり、ことだまであると紹介しています。

書籍によれば、天皇は、日々この言葉を40回唱えることで、天照大神に感謝と労いの気持ちを示し、自ら天照大神と一体化することで、常人の及ばない威光を放って、偉業を成し遂げるそうです。

さて、「とほかみえみため」の意味ですが、この言葉には多重の意味が含まれます。

(一部、以前の記事で紹介した内容とも重複します。)

とほかみゑみためを含む三種祓詞(三種大祓詞)を解説します とほかみゑみためと聞くと、能力開発、先祖供養、神さまが味方してくれるといった効能を期待される方も多いのではないでしょうか。 ...

まず、「とほかみ」には2つの意味があります。

  • 遠津御祖神
  • 「とほ(とお)」の神で十神

そして、「十神」には、

  • 五十音図の上段にある「あかさたなはまやらわ」を古代の音図に並べ替えた「あ・たかまはらなやさ・わ」の十神
  • 別天津神(コトアマツカミ)五神ほか五神をあわせた十神

「あ・たかまはらなやさ・わ」は、「言葉の力」のところで述べたように、日本語の一音一音は、古事記に登場する神であると考えられてきたので、たとえば、「あ」は「高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)」を意味することになります。

別天津神五神ほかというのは、

  • 別天津神(コトアマツカミ)=天之御中主神(アメノミナカヌシノカミ)、高御産巣日神(タカミムスヒノカミ)、神産巣日神(カミムスヒノカミ)、宇摩志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコヂノカミ)、天之常立神(アメノトコタチノカミ)
  • 伊邪那岐神(イザナギノカミ)
  • 伊邪那美神(イザナミノカミ)
  • 三貴子(サンキシ)=天照大神(アマテラスオオミカミ)、素戔嗚神(スサノオノカミ)、月読神(ツクヨミノカミ)

以上の十神となります。

ですので、「とほかみ」には、「と」「ほ」「か」「み」それぞれの音の神さまを含め、天之御中主神という神界の最高神や遠津御祖神など、主要な神々を含むことになります。

「とほかみ」がどれほどパワーに満ちた言霊であるかがイメージできるかと思います。

そして、「えみため」です。

「えみため」には、「笑みため」の意味があり、「微笑んでください」という意味になります。

そして、「とほかみえみため」と続けることで、「遠津御祖神、十神のすべての神さま、微笑んでください」という意味になります。

もちろん、「微笑んでください」には、「感謝します」が含意されています。

神につながり、神の言葉である、この人類最強の8文字を唱えると、心身や空間が清められるような感覚を覚えることなるでしょう。

広告

「とほかみえみため」の唱え方

「とほかみえみため」の唱え方にルールはないそうです。

なので、散歩のとき、お風呂に入ってリラックスしながら、通勤の途中で、子どもを寝かしつけながら、などいつでもどこでも唱えてかまいません。

ただ、書籍では1つの唱え方として、天皇の作法が紹介されています。

  • 正座をし姿勢を正す
  • 「と〜ほ〜か〜み〜え〜み〜た〜め〜」と一音一音を伸ばしながら発生する
  • 40回繰り返す
  • 一音一音しっかり発音する
  • いちいち意味を確認する必要はない

いちいち意味を確認する必要はない、というのは、先ほど紹介したとおり、「とほかみえみため」=「遠津御祖神、十神のすべての神さま、微笑んでください」と決めてしまえば、あれこれ考えずに、一音一音をしっかり体内と空間に響かせることに集中すればよいということです。

あとは、唱えていくと、自然と心地よい変化が起こってくるのでそれを味わいましょう。

広告

まとめ

「とほかみえみため」については、これまでも別記事でまとめてきましたが、いや、深いですね!

毎日しっかり唱えて、変化を味わいつつ、具体的な効果が現れてきたらまた記事化していきたいと思います。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

みなさまの開運を心より祈念いたします。

広告

このブログを監修いただいている現役神主norikuroさんに遠隔で御祈祷していただけます。

norikuroさんはココナラでプラチナランクを獲得されている凄腕神主さん。
実績はこちら

実はこのブログもご覧いただくあなたに幸運が訪れるよう御祈祷していただいています。

リアルな神社ではお願いしにくいこともネットでなら可能です。
ぜひあなたもこちらからお試しください。
↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA