神棚の祀り方

神棚の鏡餅の飾り方|飾る位置はどこがいい?三段で飾るのは間違い?半紙の使い方も

広告


新年に向けて初めて鏡餅を神棚に飾ろうかと思うんですが、飾り方神棚のどこにおけばいいのかがわからなくて…

せっかくなので、鏡餅の由来からしっかり掘り起こして説明していきますね!

お正月に鏡餅を飾ることも最近では少なくなってきました。

飾ることが少なくなってくると、当然、その由来を聞くことも減ってきます。

でも、実はこの鏡餅、新年に神様をお迎えすることと深〜い関わりがあるんですよね。

自宅に神棚を祀っているあなたなら、神様と鏡餅の関係、知っておいて損はないですよ!

そこで、この記事では、

  • 神棚に飾る鏡餅の意味
  • 神棚の鏡餅の飾り方

などについてふか〜く紹介していきたいと思います。

【参考文献】
なお、こちらの記事は以下の書籍などを参考に作成しています。

  • 神社検定公式テキスト①『神社のいろは』(扶桑社)

また、現役の神職さんにも監修してもらっています。

神棚の鏡餅の意味

このブログでは、神社神道の疑問点は必ず全国の神社を総括する神社本庁の見解を踏まえて紹介するようにしています。

今回もいつものごとく、神社本庁やその傘下の神社庁の見解を踏まえて考えていきたいと思います。

では、そもそもなぜ正月には鏡餅を飾るのでしょうか?

神社本庁によると、

日本の主食である稲の収穫に感謝し豊作を祈るための神様へのお供え

とされています。

ここでいう「神様」は年神様(としがみさま)といわれる、私たちのご先祖様のことです。

年神様は、ご先祖様の霊(祖霊)として、普段は地域を望むことができる山などから私たちのことを見守ってくれています。

そして、正月やお盆の時期には、私たちと交流するために山から降りて来られると考えられていました。

そのお迎えにあたってのお供えものの1つが鏡餅というわけなんです。

そういう意味で、餅は正月には不可欠なものなんですね。

 

じゃあ、どうして「鏡」餅と言われるようなったのか、どうして丸い大小のお餅を二段重にするのか?

と疑問に思われるでしょうから、この点についても説明しておきましょう。

まず、鏡餅と呼ばれるようになった理由ですが、この鏡餅の「」、実は、古来から神様が宿るものと考えられてきました。
関連記事>>>神棚の鏡の意味|位置や飾り方はどうする?曇りがあるときの磨き方や処分交換もあわせて

その神様が宿る丸い鏡の形に餅が似ていることから鏡餅と呼ばれるようになります。

さらに、大小の餅を二段に重ねるのは、それぞれ太陽と月を表し、福と徳が重なるように…との願いが込められています。

こうして、丸い形をした大小の鏡餅が二段に重ねられるようになったんです。

もちろん、こうした鏡餅や餅を二重にすることの由来については諸説あるので、各地域ではまた別の由来や重ね方があるかもしれません。

例えば、

  • ある地方では、井戸や農具に鏡餅をお供えするときは二段、神様・仏様には三段
  • ある地方では、仏様には二段、神様には三段
  • ある地方では、台所の中心のかまどには三段

など、様々なパターンがあります。

なので、鏡餅を三段に重ねること自体は誤りというわけではないのです。

ad4

神棚の鏡餅の飾り方

そもそも、正月に鏡餅を飾る場所については、実は決まりがあるわけではありません。

なので、古いしきたりの残る地域や家庭では、

  • 床の間
  • 神棚
  • 祖霊舎
  • 台所
  • トイレ
  • 井戸

など、家内のいろんな場所に鏡餅を飾るところもあります。

もちろん、全部が全部、立派な飾りのついた鏡餅ではなく、床の間と神棚以外には、手のひらサイズの二段の鏡餅だったりします。

家内に年神様をお招きする以上、家内のいたるところでお休みしてもらえるように鏡餅を飾るという考えは理解できるのではないでしょうか。

家の中での飾り場所が特に定まっていないくらいなので、神棚のどこに飾るべきか、神棚に飾る位置についても特に定まったルールはありません。

神棚にスペースがあれば神棚の任意の場所に飾れば良いです。

スペースがなければ、床の間でも、リビングでも、とにかくどこかに飾ることを優先するようにしましょう。

年神様がいらっしゃると思われる場所のどこかに飾るというイメージです。

 

さて、鏡餅は、飾る場所のルールはないのですが、飾り方にはルールがあります。
(もちろん、必ず従わなければならないものではありません。)

以下にポイントを整理すると、

  • 三方(さんぼう)の上に奉書紙または半紙を敷く
  • 奉仕書または半紙の端が三方から垂れるようにする
  • 羊歯(しだ)(裏白(うらじろ))とゆずり葉を両側に垂らすように敷く
  • その上に昆布を置く
  • 大小二個の餅を重ねる
  • 餅の上に橙(だいだい)をのせる

ます。

こちらのような飾りになります。
(ただし、ゆずり葉は鏡餅の上にのせています)
↓↓↓

さらに、伊勢海老串柿するめ末広などの縁起物をのせて飾ると華やかさが増します。

串柿の例
↓↓↓

ad5

いつからいつまで飾るか

鏡餅をいつごろからいつごろまで飾るかについては、

年末の12月13日のすす払い以降に神棚の大掃除をしてから、12月28日までに鏡餅をはじめ正月飾りを飾ると良いとされています。

というのも、12月29日以降の飾りつけは、「二重苦」「一夜飾り」などといって縁起が良くないとされているからです。

ただし、29日以降の飾りつけについて、このブログを監修していただいている神主さんによると、

  • 俗説なので気にしなくて良いです。
  • 現代では年末も忙しいので、可能な日程で神棚の掃除や飾りつけをすれば十分神様によろこんでもらえますよ。

とのことでした。

そして、年が明けて1月11日の鏡開きまで飾ります。

この日に、ヒビだらけのもちのカビをこそいで割って、焼いて汁粉にしていただくのです。

そうすることで、年神様のパワーを宿した鏡餅を体内に取り入れることができ、新しい年のエネルギーを得ることができます。

ad6

まとめ

鏡餅のいわれから飾り方まで良くわかりました!鏡開きして、神様のパワーをしっかりと体内に取り込みますね。

新しい年はスタートから良い年になること間違いありませんね。新年は開運元年かも!

まとめると、

鏡餅は、年末年始においでになる年神様にお供えするもの。

古来より神聖とされた鏡のように丸い餅を二段に重ねることで福徳を重ねるにかけたもの。

飾る場所については、神棚、床の間、台所、トイレなど、年神様がいそうなところに飾ればよく、ルールはありません。

飾り方については、下から、三方→奉仕書(半紙)→シダ→ゆずり葉→鏡餅→橙の順でした。

鏡餅を飾る期間については、

  • 飾りはじめ:12月13日〜12月28日(できればのレベル)
  • 飾り納め:翌1月11日の鏡開きまで

お下げした鏡餅は年神様のパワーを宿したものなので、ただのお餅じゃありません。

できるだけ体内に取り込んで、新年を乗り切るパワーを頂戴しましょう!

それでは最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告