神棚の祀り方

神棚のお札の購入方法|購入する場所や時期は?金額はいくら?種類による違いも!

広告


なんだか最近不幸続きで…。自宅に神棚をお祀りしようと思うんですが、お納めするお札って、どこでいくらぐらいの金額でお受けできるものなんでしょうか?

基本的には神社でお受けできますよ。ただ、お札の種類もたくさんありますから、そこから整理していきましょう。神棚をお祀りすることで気分一新、運気が変わるかもしれませんよ!

 

せっかく自宅に神棚をお祀りしようと思ったけれど、

お納めするお札にはどんな種類があって、どこで購入すればいいのかわからない…

はじめて神棚をお祀りするときには誰もが思い悩むもの。

そこで、この記事では

  • 神棚にお納めするお札の種類
  • お札の購入方法(時期、場所、金額など)

について詳しく解説していきたいと思います。

 

お札は「お神札(おふだ)」、「神符(しんぷ)」ともいわれます。この記事では、以下「お神札」の表記で統一します。
【参考文献】
なお、こちらの記事は以下の書籍などを参考に作成しています。

  • 神社検定公式テキスト①『神社のいろは』(扶桑社)
  • 『なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか?』(窪寺伸浩)<あさひ出版>

また、現役の神職さんにも監修してもらっています。

神棚にお祀りする神様とお神札の種類

関連記事の『神棚のお札の並べ方|2枚以上あるときはどうする?置き方を画像で詳しく解説!』でも紹介していますが、神棚でお祀りするお神札の基本型は、

  • 天照大御神
  • 産土神社(氏神神社)
  • 崇敬神社
  • その他参拝神社

となります。

それぞれ詳しく紹介すると、

天照大御神

このたびの令和への御代替わりの報道の中で、NHKが天照大御神は「皇室の祖先」と言い切ったことで物議を醸したことが記憶に新しいですが、報道の是非はともかく、まさに、皇室の御祖神であり、国家の最高神であるのが天照大御神です。日本人全員のご先祖ともいえます。

そして、ここでは日本人の総氏神である天照大御神をお祀りする伊勢の神宮のお神札、すなわち、神宮大麻(じんぐうたいま)を想定しています。

産土神社(氏神神社)

各家庭、各会社が所在する地域を統治する神様をお祀りする神社を産土神社とか、氏神神社といいます。

本来、氏神というのは、姓を同じくする血縁集団に縁の深い神様のことをいいました。
例えば、平安貴族で有名な藤原氏なら、春日大社に祀られる武甕槌命(タケミカヅチノミコト)などがわかりやすいですね。

ところが、現代では、その地域の神様(産土神)のことを氏神とも呼ぶようになっています。
一定地域に居住する住人のことを氏子と呼んでいるのを聞いたことがあるかと思います。

産土神社、氏神神社が混同して用いられているわけですね。

ここでは、産土神社、氏神神社でお受けしたお神札を想定しています。

崇敬神社

地域のつながりとか、血縁に関係なく、個人的な信仰によって崇敬の対象としている神様が祀られている神社のことです。
例えば、毎年、明治神宮、靖国神社にお参りするので、それらの神社のお神札を祀る、あるいは、商売繁盛を祈願して伏見稲荷大社の神様のお神札を祀るなどですね。

ここでは、このような崇敬している神社でお受けしたお神札を想定しています。

その他参拝神社

特に信仰の対象としているというわけではありませんが、旅行などのきっかけで旅先で参拝したような神社のことです。

ここでは、参拝をきっかけにお受けしたお神札を想定しています。

となります。

ad4

お神札の購入場所や時期と金額

それではこれらのお神札がどこで、いつ、いくらでお受けできるのかを確認していきましょう。

神宮大麻

全国の神社で授与いただけます。

ただし、意外なことに伊勢の神宮では神宮大麻は授与いただけません。

実は、神宮大麻は全国の世帯に広く頒布するためのものなので、全国の神社を通じて頒布される仕組みになっているからです。

ちなみに、伊勢神宮でお受けできるお神札には角祓(かくはらい)という神宮大麻に似たお神札があるのですが、あくまで各家庭の安全などを祈願したものであり、皇室の繁栄、国家の安寧を祈願した神宮大麻とは意味合いが異なります。

 

それと、もうひとつ気をつけるべき点があります。

全国の神社の中でも神宮大麻を授与されない神社があるということです。

というのも、神宮大麻は全国の神社を総括する神社本庁に属する神社を通じて頒布されるものなので、神社本庁に属さない(単立)、例えば、有名どころでいうと伏見稲荷大社では神宮大麻をお受けすることができません。

 

あ、もちろん、神社内に授与所がないような小さな神社でもちろん授与できませんよ。

 

となると、あなたがお住いの地域によっては神宮大麻を手に入れづらい…

なんてことがあるかもしれません。

 

その場合、神社によっては郵送で神宮大麻を送ってくれるところもあります。

初穂料の支払いについては、

  • 現金書留
  • 郵便小為替

などで対応をしてもらえます。

ただ、郵送が可能かどうかは、必ず事前に当該神社に確認してくださいね。

【北野天満宮】


ちなみに、こちらの北野天満宮では、現金書留希望するお神札(お守りも)を記載したメモを添えて送付することでご対応いただけるとのことです。(社務所にて確認)

 

神宮大麻の料金(初穂料)は、神社によって多少金額が異なることもありますが、基本的に、

  • 神宮大麻(縦24.5×横6.8cm)・・・800円
  • 神宮中大麻(縦25.0×横7.5cm)・・・1,000円
  • 神宮大大麻(縦30.5×横10.5cm)・・・2,000円

で授与されています。

【神宮大麻の種類】
向かって右から神宮大大麻、中大麻、大麻
↓↓↓

 

神宮大麻をお受けするタイミングは、自宅に神棚をお祀りしよう!と思い立ったらそのタイミングで構いません。

いつからいつまで、なんてルールはないんですね。

とにかく早く神様を家に迎えることが大切です。

ただ、新年に向けて新しい神宮大麻が全国の神社で授与されるようになるのが12月の初旬となります。そうすると、翌年にまた頒布されて各神社で授与されるまでの間にストックがなくなることはありえますので、その点だけご注意ください。
↓↓↓

 

まさかの「売り切れ」も!
↓↓↓

ad5

その他のお神札

神宮大麻以外の、産土神社(氏神神社)、崇敬神社、その他参拝神社のお神札については、それぞれの神社でお受けできます。

当然ながら初穂料の額は各神社のお神札によってまちまちです。

ただ、神宮大麻と同じような値ごろ感にはなっています。

【北野天満宮】

【東京大神宮】

また、神宮大麻のところで紹介したように、郵送で対応してもらえる神社もあります。

ad6

まとめ

自営業をやっているのでお稲荷様をお受けしに行って、近くの氏神様とあわせて、三体お祀りしようと思います!

崇敬する神社があって、そこでお神札を受けることができるなんてありがたいことですね。心を込めて神棚にお祀りください。神棚をきっかけに運気が変わるといいですね!

まとめると、

神棚に納めるお神札の種類には、

  • 天照大御神を祀る神宮大麻
  • 産土神社(氏神神社)のお神札
  • 崇敬神社のお神札
  • その他参拝神社のお神札

があります。

これらお神札の入手場所と金額は、

  • 神宮大麻なら全国の神社(サイズにより800円〜2,000円程度)
  • 産土神社(氏神神社)、崇敬神社、その他参拝神社のお神札はそれぞれの神社(各神社でまちまちだが神宮大麻と同等の金額)

となります。

神宮大麻は毎年12月の初旬から新しいお神札をお受けできるようになります。
(場合によっては「売り切れ」になることもあるので早めにお受けするようにしましょう。)

神社によっては郵送で対応してくれるところもあるので、各神社の社務所にお問い合わせくださいね。

それでは最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告