神棚の祀り方

神棚の雲の意味|ダウンロードして印刷するのもあり?向きや貼り方には注意しよう

牛太郎
牛太郎
マンションに住んでるんだけど神棚をおまつりしたいんだよね。
でも上の階にも住人がいるからさ、天井に「雲」って飾りを貼ったほうが良いって聞いたんだけど、それってどういう意味なの?
きつね
きつね
上の階に人がいるならやっぱり貼ったほうが良いね。
神主さんの話も紹介しながら解説するね。

神棚の上の天井に貼ってある「雲」という文字が書いた飾り

神棚をお祀りしているお家で見かけることもあると思います。

なんとなく意味はわかるけど、
はっきりとはわからない…

そんな印象をもつのではないでしょうか。

そこでこの記事では、

  • 神棚の「雲」の意味
  • 「雲」の入手方法
  • 「雲」の向きや貼り方の注意事項

などについて解説していきます。

なお、こちらの記事は以下の書籍などを参考に作成しています。

  • 神社検定公式テキスト①『神社のいろは』(扶桑社)
  • 『なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか?』(窪寺伸浩)<あさひ出版>

また、現役の神職さんにも監修してもらっています。

広告


神棚の雲の意味

一般的に神棚の設置場所としては、

人の歩くところの下に置かない
出典:『なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか?』

とされています。

神棚を設置する位置|向きや高さは?会社ではどうする?みんなのお祀り方法もまとめて公開 せっかく神棚を設けるなら神様に失礼がないようにしたい! だれもがそう思いますよね。 ただ、ネットの情...

そうすると、マンション2階建の1階では神棚をおまつりすることができなくなってしまうんですよね。

そこで、「雲」という文字を飾ることによって、

  • 神棚より上には雲しかありませんよ
  • 神棚より上は人が住む世界ではありませんよ
  • 雲の上は天界ですよ

となぞらえて(これを「見立てる」といいます)、1階やマンションでも神棚を祀ることができるようにしたんです。

全国の神社を総括する神社本庁が基本として考えている神棚には、雲板と呼ばれる「雲」と同じ役割をするものが最初から備わっています。
↓↓↓

出典:『神社のいろは』

まさに、雲を意味するものが神棚の基本スタイルの中に組み込まれているんです。

ですが、家庭用の神棚にはこの雲板が備わっていないものが多くあります。

そのような神棚の場合に「雲」を天井に貼ることになるんですが、神社本庁が雲板が備わった神棚を前提としていることからすると、できれば「雲」は貼ったほうが良いと考えましょう。

ただ、あくまで「できれば」の範囲で構いません。

やってないからといってバチが当たるとかそういうものではないので。

神主さんに確認しても、

神主さん
神主さん
できれば「雲」は貼っていただきたいですが、貼ってないからといって神様を敬う気持ちに欠けるとか、バチが当たるとか、そういうことにはなりませんので安心してください。

とおっしゃっていました。

なお、地域によっては、雲ではなく、といった文字を使用する場合もありますが、その意味は同じです。

広告

ダウンロードして印刷したものでも効果はあるか

この「雲」の飾りには、

  • 手書き
  • 印刷物
  • 木彫りシール

など 様々なものが存在します。

これだけ種類があると、

・どれが一番効果があるのか
・印刷物でもちゃんと効果があるのか

と気になってしまいますね。

でも、結論を言うと、どれでも同じです。

というのも、「雲」の意味のところで説明したように、「雲」は、ここから上は天界ですよ、と見立てるための手段だからです。

つまり、現実には2階で人が動いているわけですが、「雲」を貼ることをきっかけにして、

天井の上は天界だということにしよう!

という気持ちの設定の問題なので、その手段としての「雲」の種類にどれがどうということはありません。

なので、手書きであれ、印刷物であれ、木彫りのものであれ、あなたの中でそういう気持ちの設定ができるのであれば十分です。

ちなみに、手書きのものは奉仕書に書くと良いとされています。

もちろん半紙に書いて貼っても問題ないですが、奉仕書の方が厚くて丈夫なので、長い期間貼り続けることを考えると奉仕書がおすすめです。

もし、

習字には自信がない!

という方は、近くの神社で書いてもらえるか確認してみてください。

御朱印を発行している神社であれば、お願いすれば書いてもらえる場合があります。

きつねも、御朱印をいただくことができる最寄りの神社で相談したところ、驚かれながらも対応していただきましたので。

神主さん
神主さん
神社で頒布されているものがあればそれに越したことはありませんね。

ただ、置いてある神社は少ないと思いますが。

書いてもらえる神社もあると思うので、相談されるとよいですね。

ただ、御朱印の初穂料相当の金額をお納めするか、受け取ってもらえないなら賽銭箱に入れるかするようにしてくださいね。

あと、印刷用のダウンロードデータを公開されている神社さんがありますので、こちらを紹介しておきます。
↓↓↓
羽黒神社(石川県珠洲市)

印刷する紙はコピー用紙で問題ないですよ。

どの種類の「雲」であっても問題がないように、文字の大きさやフォントにも制限はありませんので。

なお、木彫りやシールのおしゃれでモダンな「雲」についてはこちらで詳しく紹介しています。

神棚の雲|やっぱり木彫りがおすすめ?おしゃれでモダンな「雲」を紹介するよ! 最近はいかにも神棚って感じではなくて、洋間の雰囲気にもマッチするようなものが増えてますよね。 ...
広告

雲の向きや貼り方の諸注意

さて、手書き、印刷、木彫り、シールのどれかの「雲」が準備できたところで、気になるのはその貼り方。

牛太郎
牛太郎
雲を貼るにしてもさ、雲の字の向きとかわかんないよね。

雲の向きは神棚から見て雲となるように貼ってください。

神様から見て、「ああ、ここから上は天界なんだな」と安心してもらえるからです。
↓↓↓

なお、上記商品の詳細確認はこちらから可能です。
↓↓↓

created by Rinker
日本インソール工業
¥770
(2020/10/23 10:15:42時点 Amazon調べ-詳細)

とはいえ、「雲」を貼るか貼らないかが自由なくらいですから、向きも絶対の決まりというわけではありません。

できればこの向きで貼るようにしましょう、というレベルです。

貼り方については、シール式のものであればそのまま貼ることができますが、問題は手書きや印刷の場合ですね。

貼るための道具には、

  • セロテープ
  • 両面テープ
  • 画鋲

などがあります。

半紙や奉仕書であれば両面テープなどでも重さに耐えうると思いますが、以下のような印刷タイプだと、セロテープや両面テープでは紙の重みに耐えきれない場合があります。
↓↓↓

きつねはこちらのタイプの厚紙の「雲」を天井に両面テープで貼っていたんですが、しばらくするとすぐに剥がれてきて、何度やってもダメでした。

画鋲を天井に刺すのも、管理人宅には小さな子供がいるので、万が一画鋲が落ちてきたときのことを考えて、結局印刷タイプのものは諦めたという経験があります。

なので、印刷タイプや木彫りタイプはかなり強力な両面テープが必要なようです。

広告

雲の処分方法

「雲」も一定期間が経過すると交換した方が良いという意見があります。

30日ごとに交換するのが良い、という意見を聞いたことがありますが、根拠についてははっきりしません。

(そもそも、木彫りの「雲」は強力な粘着テープで天井にくっつけますので、そうなんどもはがせるものではないです。)

はっきりとした決まりはないものの、お神札は1年で交換することを考えると、「雲」もお神札と同じ1年ごとの交換でよいかと思います。

強力な粘着テープで天井に貼った場合などはそのまま貼り続けるのもありですし、神棚自体を交換するタイミングなど、それぞれのご家庭の事情に合わせて適宜対応すればいいのではないでしょうか。

きつね
きつね
もともと「雲」は絶対に貼らなきゃいけなってわけじゃないもんね。

交換後の雲の処分ですが、

神主さん
神主さん
近くの神社のどんど焼きや納札所で受け入れてもらえるならそこで納めるとよいですね。

もし、家庭ゴミとして処分するということであれば、地域の分別に従って、お塩で清めてから半紙などに包んで護美(ゴミ)として出すようにしましょう。

広告

まとめ

牛太郎
牛太郎
そっか〜、「雲」を天井に貼るのは、ここから上は天界ということを示す意味ってことね。
きつね
きつね
神棚の上の階を人が歩くというのは、お祀りしてる側からするとなんとなく落ち着かないよね。

そういう意味でもできるだけ貼ったほうが気持ちもスッキリするかな。

でも高いところに貼るわけだし、無理しちゃダメだよ。

まとめ

階下の部屋に神棚をお祀りする際に、天井に「雲」を貼ることで、それより上に人はいませんよと見立てることにし、神様に失礼がないようにと考えられた。

ただ、「雲」は必須のものではない

「雲」には手書き、印刷(データをダウンロードするのもあり)、木彫り、シールなどがある。

「雲」を天井に貼る際は、神棚から見て雲と読めるように

「雲」の交換時期も特に定まったものはないが、お神札と同じ1年ごとの交換の考え方も1つ。

雲の処分は神社のどんど焼きや納札所、家庭ゴミなら塩で清めてから半紙に包んで廃棄するとよい。

それでは最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告

このブログを監修いただいている現役神主norikuroさんに遠隔で御祈祷していただけます。

norikuroさんはココナラでプラチナランクを獲得されている凄腕神主さん。
実績はこちら

実はこのブログもご覧いただくあなたに幸運が訪れるよう御祈祷していただいています。

リアルな神社ではお願いしにくいこともネットでなら可能です。
ぜひあなたもこちらからお試しください。
↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA