神棚の祀り方

神棚にしめ縄や紙垂は必要?そもそもの意味は?種類についてもくわしく解説するよ!

広告


自宅に神棚をお祀りしてるんですが、しめ縄は張ってないんですよ。やっぱり張った方がいいんでしょうか?

そもそもなぜ神棚にしめ縄を張るのか紙垂(しで)を飾る理由とあわせて詳しく紹介していきましょう。

せっかく神棚をお祀りし始めたけど、しめ縄を張ってないことが心の奥に引っかかってて…

しめ縄がなくても問題ないのかな?

なんて悩んでる方、結構いらっしゃるんですよね。

そこで、この記事ではそんな疑問を解決するため、

  • 神棚に飾るしめ縄や紙垂の意味
  • しめ縄や紙垂を飾らないとお祀り効果はないのか

についてズバッと解説していきます!

【参考文献】
なお、こちらの記事は以下の書籍などを参考に作成しています。

  • 神社検定公式テキスト①『神社のいろは』(扶桑社)
  • 神社検定公式テキスト②『神話のおへそ』(扶桑社)
  • 『なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか?』(窪寺伸浩)<あさひ出版>

また、現役の神職さんにも監修してもらっています。

広告


神棚に飾るしめ縄と紙垂の意味

今でもそうなんですが、日本人は古代から、大きな木とか、とか、とか、そういう自然物に神様が宿るものだと考えてました。

こうした神様が宿るもののことを依代(よりしろ)といいます。

そして、神様が宿るような大きな木や岩などを神聖なものと考えて、神聖な場所であることを示すための印をつけていたんですね。

それがしめ縄です。

あなたも、木や岩にこんな感じでしめ縄が張られているのを見たことがあるかと思います。

【神木】

【磐座(いわくら)】

このように、しめ縄は、そこが神聖な場所であることを示しています。

もちろんその考え方は神棚でも同じです。

また、神様の依代は、岩や木などの自然物だけじゃなく、(へい)とも呼びます。)も依代のバリエーションの1つです。

で、神様の宿り先としての布の代わりに四角形の紙を使うようになったのが、現在の紙垂です。

つまり、紙垂は神様の宿り先の1つというわけです。

この紙垂は、神社で参拝者をお祓いするために用いられたり、しめ縄にも付けられます。

そして、しめ縄と同じように、そこが神聖・清浄であることを示すものとなります。

 

ちなみに、典型的なしめ縄でいうと、

  • しめ縄
  • 〆の子
  • 紙垂

となります。
↓↓↓

この3つにはそれぞれいわれがあって(諸説ありますよ)、

  • しめ縄は雷雲
  • 〆の子は雨
  • 紙垂は雷の稲妻

を表しているとされてます。

まさに、稲作文化の日本では、雲や雨、雷が収穫に直結しているからこそ、これらを表したしめ縄を神社に奉納することで五穀豊穣を祈願した、と言われているんですね。

また、大相撲の横綱も紙垂を垂らしたまわしを締めることがありますね。

↓↓↓

神聖さを示すものであるとともに、四股を踏むことが邪気を払うと考えられています。

広告

神棚のしめ縄と紙垂の種類

しめ縄の表記には、

  • 注連縄
  • 〆縄
  • 標縄
  • 七五三縄

などいろんな表記がありますが意味は同じです。

様式も様々で、代表的なものとしては、

  • 前垂注連(まえだれ)
  • 大根注連(だいこん)
  • 牛蒡注連(ごぼう)

などがあります。

それぞれ以下のような形です。
↓↓↓

出典:神社検定公式テキスト①『神社のいろは』

なお、大根注連や牛蒡注連は向かって右が上位とされます。

なので、神棚に取り付ける際には、右太左細が原則となります。
↓↓↓

 

また、紙垂については、紙の切り方、折り方などにより、

  • 伊勢流
  • 吉田流
  • 白川流

など、さまざまな作法があります。
↓↓↓

出典:神社検定公式テキスト①『神社のいろは』

神社によって定形ではなく、神様や用途によって異なる形のものを使います。

広告

神棚にしめ縄や紙垂は必要か?

全国の神社を総括している神社本庁が基本としている神棚の祀り方では、しめ縄を張り、紙垂を垂らすことになっています。

なので、しめ縄を張って紙垂を垂らすのが正式なお祀りです。

ただ、神棚のお祀りの仕方には絶対というものはありません。

できる範囲のお祀りをすれば良いのであって、しめ縄を張っていないから神様に失礼だとか、お祀りの効果がないということはありません。

このブログを監修してもらっている現役神主さんも、

家庭での祭祀は可能な範囲でしていただければ十分です。無理してしめ縄を張る必要はありませんよ。

とおっしゃっています。

なので、しめ縄が必要か必要でないかの答えとしては、

無理して飾る必要はない

となります。

広告

まとめ

しめ縄や紙垂にまつわる話、よくわかりました!家庭での参拝に慣れてきたら、ぜひしめ縄を張ってみたいと思います。

そうですね。あくまで無理せずにお祀りし続けることが一番大切なことですから。最初から完璧にお祀りする必要はありませんよ。

まとめると、

しめ縄や紙垂は、神棚が神聖な場所であることを表す意味があります。

しめ縄にも紙垂にもさまざまな様式がありますが、その意味するところは同じです。

しめ縄を張り、紙垂を飾る必要があるかどうかでいうと、無理する必要はない、というのが結論となります。

 

それでは最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告

このブログを監修いただいている現役神主norikuroさんに遠隔で御祈祷していただけます。

norikuroさんはココナラでプラチナランクを獲得されている凄腕神主さん。
実績はこちら

実はこのブログもご覧いただくあなたに幸運が訪れるよう御祈祷していただいています。

リアルな神社ではお願いしにくいこともネットでなら可能です。
ぜひあなたもこちらからお試しください。
↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA