祝詞

天津祝詞とは?隠された成立の秘密に迫ります

きつね
きつね
今日は天津祝詞について解説するよ!

アマツノリト“という響きからも、なんだかすごいパワーを秘めた祝詞のような気がしてきますよね。

たしかに天津祝詞は強力な祓詞として知る人ぞ知る祝詞。

ただ、その一方で謎も多い祝詞です。

今回はそんな天津祝詞について紹介していきたいと思います。

成立・由来

実は、天津祝詞自体がどういう祝詞なのかははっきりとはしてなくて、今でも諸説あります。

ただ、「天津祝詞」というコトバ自体は大祓詞の中段あたりに登場します。
(→『大祓詞』(工事中))

「かく出でば、〜 天津祝詞の太祝詞事を宣れ。
かく宣らば、天津神は〜 短山の伊穂里を掻き別けて聞こし食さむ〜」

という部分ですね。

大祓詞に「天津祝詞の太祝詞事」と出てくるのに中身がはっきりしないという実に不思議な祝詞なのです。

そのため、天津祝詞についていろんな考え方が出てきて、今でも神道界では論争の対象となっています。

天津祝詞について詳しく解説されている北海道にある新川皇大神社の神主さんのブログによると、

(1)「大祓詞」の全部とする説
 本居宣長 賀茂真淵

(2)「大祓詞」の一部とする説
 出口延佳(どこかは明言せず)

(3)他にあって、また別な場面で唱えるとする説
 平田篤胤(禊祓詞を編む)
   大国隆正(トホカミエミタメ)

(4)他にあって、奏上中に唱えるとする説
 荷田在満 折口信夫 吉田神道

と、4つの考え方が解説されています。

このうち、(1)はシンプルでわかりやすいのですが、実は「天津祝詞」が登場する祝詞は大祓詞だけじゃありません。

『延喜式』祝詞二八篇のうち、「鎮火祭(ほしづめのまつり)」はその祝詞が「天都詞太詞事」「天津祝詞の太祝詞事」、また、「道饗祭(みちあえのまつり)」「六月月次祭(みなづきのつきなみのまつり)」「同神嘗祭(おなじくかむにへのまつり)」でも「天津祝詞の太祝詞(事)」と登場するんですね。

こんな状況から、きつね的には、「天津祝詞」というコトバが登場した祝詞を天津祝詞と定義してしまうと、天津祝詞が乱立してしまうことになるなぁと感じるところです。

ま、国学の大家がおっしゃってるのでもっと深遠なる理屈があるのでしょうね。

(2)は(1)の理由もありますし、ちょっとはっきりしませんね。

(3)をとばします。

(4)を説明する前に…

そもそもなんですが、大祓詞を奏上するときは、「天津祝詞の太祝詞事を宣れ」という箇所で平伏し、一呼吸〜二呼吸おいてから「かく宣らば〜」と続けます。

昔はここで、斎場の灯火を一斉に消して、浄暗のなかで斎主が微音で神霊な呪文(神呪)を唱えたと言われています。

そして(4)は、このとき斎主が唱えた神呪こそが「天津祝詞」だという考え方です。

このうち、吉田神道ではこの秘詞を「唯授一人」として、代々ただ一人だけに授けるものとしています。

もしかすると(4)のとおり、吉田神道で一子相伝されてきたものこそが天津祝詞かも知れませんが、そうなると我々は知る術がなくなってしまうので、ちょっと(4)を前提には考えたくないですよね。

実際のところ、今世の中で天津祝詞として広まっているのは、(3)のうち、平田篤胤が作成した祝詞です。(細かいコトバの違いはあれど)

そして平田篤胤がつくった天津祝詞は、もともとあちこちに伝わっていた、お祓いの前に唱えられていた四種の祓のコトバを取捨選択して一つに集めたものとされています。

また、この天津祝詞が原型となって今の神社本庁の「祓詞」が作成されたとも考えられています。

それではそんな平田篤胤がつくったこの天津祝詞を紹介しましょう。

広告

天津祝詞

高天原たかまのはら神留かむづま神魯岐かむろぎ神魯美命かむろみのみことちて

皇御祖神伊弉諾尊すめみおやのかむいざなぎのみこと 筑紫つくし日向ひむかたちばな小戸をど阿波岐原あはぎはら

御禊祓みそぎはらたまとき生座あれませ祓戸大神等はらひどのおほかみたち

諸々もろもろ枉事罪穢まがごとつみけがれはらたまきよたまへとまをことよし

天津神国津神八百万あまつかみくにつかみやおよろず神等共かみたちともあま斑駒ふちこま耳振みみふてて

聞食きこしめせとかしこかしこみもまを

広告

現代語訳

天上界の高天原にいらっしゃる尊貴な男女の神々のおっしゃることを承った天皇陛下の親神であるイザナギノミコトが、筑紫にある日向の橘というところの小さな水門の側にある阿波岐原で、(身の罪や穢を)水に浸かって洗い清めなさった時にお生まれになった祓戸(という、祓えするための場所)を守る(四柱の)神々が、すべての悪いこと、災いを招くことを除いてくださり清めてくださいと、(祓戸の神々に)申し上げることを、天上界の神も地上界の神も、その他多数の神々も、斑模様のある天馬が耳を振り立てるようにして、一緒にお聞き入れください、と、(こうして神の前で)申し上げる(次第である)。

広告

このブログを監修いただいている現役神主norikuroさんに遠隔で御祈祷していただけます。

norikuroさんはココナラでプラチナランクを獲得されている凄腕神主さん。
実績はこちら

実はこのブログもご覧いただくあなたに幸運が訪れるよう御祈祷していただいています。

リアルな神社ではお願いしにくいこともネットでなら可能です。
ぜひあなたもこちらからお試しください。
↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA