祝詞

大祓詞の起源や由来、書き下し文と現代語訳を紹介します

きつね
きつね
今回は大祓詞について解説していきましょう。
神主さん
神主さん
多くの祓詞が大祓詞から派生して生まれたとも言われるほどで、祓詞の中の祓詞と言っても過言ではありません。

神道の世界では超有名な大祓詞について、現代語訳も含めて細かく解説していきます。

大祓詞の由来・起源

毎年、6月30日の夏越の祓(なごしのはらえ)、12月31日の年越しの大祓(としこしおおはらえ)という神事において読みあげる詞なので大祓詞と呼ばれています。

さて、この大祓詞ですが、その起源は神代にまで遡ります。

具体的には、『日本書紀』に描かれた天岩戸の段で、「天児屋命(あまのこやねのみこと)をして、其の解除(はらへ)の太諄辞(ふとのりと)を掌りて宣らしむ」とあって、「解除の太諄辞」として大祓詞が登場するのです。

その後、平安時代に制定された『延喜式』によれば、「六月晦大祓〔十二月は之に准へ〕」として、毎年6月と12月の晦日に京都の朱雀門で、親王・諸王・諸臣・百官の人達を集め、彼らが犯したかも知れない諸々の罪・過ちを、天皇の仰せによって祓い清めるために大祓が執り行われ、この大祓の神事において大祓詞が読みあげられます。

延喜式:平安時代における法律の細かな決まりごとを定めた法典で、二十七編の祝詞も収録されている。

ちなみに、大祓詞は、『延喜式』祝詞「六月晦大祓〔十二月は之に准へ〕」の冒頭、

「集侍はれる親王・諸王・諸臣・百官人等、諸聞食(もろもろきこしめ)せと宣る。天皇(すめら)が朝廷(みかど)に仕(つか)へ奉(まつ)る比禮挂(ひれか)くる伴男(とものを)・手襁挂(たすき)くる伴男・靫負(ゆきお)ふ伴男・劔佩(たちは)く伴男・伴男の八十(やそ)伴男を始めて、官官(つかさづかさ)に仕へ奉る人等の、過ち犯しけむ雑雑(くさぐさ)の罪を、今年の六月の晦の大祓に、祓ひ給ひ清め給ふ事を、諸聞食せと宣る」を削り、

最終部分の「〜持ち佐須良ひ失ひてむ」の後の「此く佐須良ひ失ひてば」以降を削り、

様々な神道系の宗派によって、

  • 此く佐須良ひ失ひてば、罪と云ふ罪は在らじと、祓へ給ひ清め給ふ事を、天津神 国津神 八百万神等共に聞こし食(め)せと白(まを)す。(一般的 ただし、仮名遣いについては様々)
  • 此く佐須良ひ失ひてば現身(うつそみ)の身にも心にも罪と云ふ罪は在らじと祓ひ給へ清め給へと白す。(黒住教など)
  • 此く持ち持ち失ひてば、今日より以後、遺る罪と云ふ罪、咎と云ふ咎は有らじと、祓へ給ひ清め給ふ事を、祓戸の八百万の御神達は、佐乎志加(さをしか)の御耳(みみ)を振り立てて、聞こしめせと申す。(一部の神社や古神道系教団)
  • 此く佐須良ひ失ひては、今日より始めて罪と云ふ罪は在らじと 今日の夕日の降(くだち)の大祓に祓給ひ清め給ふ事を諸聞食へと宣る。(一部の神社・神道系教団)

などの詞が付け加えられたものとなります。

平安時代において、この大祓式は、大嘗祭のときや、疫病・天災地変のときなど、あらゆる変事・災事の原因を祓うために執り行われ、この大祓詞が誦まれました。

そのため、大祓詞は「祓詞」の中の「祓詞」との異名を持っていて、まさに、「大」いなる「祓詞」となるわけです。

ちなみに、神道系教団では大祓詞を唱えることを日々の行の一環とした行っていたりします。

神社神道でも神職常駐の神社では、朝拝のとき、神職が自分の霊性向上を兼ねて大祓詞を奏上しお日供(日々神饌を捧げること)をしています。

つまり、それほど大祓詞の言霊の威力が重視されているということです。

神主さん
神主さん
本来、祝詞とは、神さまに働きかけることによって現実を変える力を持つコトバや文章のことなので、祝詞を唱えるだけで効果があるというわけではないのですが、大祓詞に関しては、唱えることで効果があるとされるくらいに威力が強いのです。

なお、大祓詞には新旧の2通りがあります。

大正3年に内務省が制定したものを新とするもので、それ以前のものを「旧」として区別します。

どこが違うかというと、大祓詞の真ん中より少し前に出てくる「天津罪」と「国津罪」の具体例を示すか示さないかです。

具体例を示して唱えるのが「旧」版、唱えないのが「新」版です。

大正期における西欧への気兼ねからと、差別的なコトバがあるため遠慮したものではないかと考えられます。

広告

大祓詞

それでは大祓詞を紹介しましょう。

こちらが神社本庁の『神拝詞』に掲載されているものと同様のごく一般的な大祓詞となります。

高天原たかまのはら神留かむづますめら親神漏岐むつかむろぎ 神漏美命以かむろみのみこともちちて

八百萬神等やほよろづのかみたち神集かむつどへに集賜つどへたま神議かむはかりに議賜はかりたまひて

皇御孫命すめみまのみこと豐葦原瑞穂国とよあしはらのみづほのくに安国やすくにたひらけく

知食しろしめせと 事依奉ことよさしまつりき

依奉よさしまつりし国中くぬち荒振あらぶ神等かみたちをば

神問かむとはしに問賜とはしたま神掃かむはらひに掃賜はらいたまひて 語問こととひし

磐根樹根立いはねきねたち くさ片葉かきはをも語止ことやめて あめ磐座放いわくらはな

あめ八重雲やえぐも伊頭いづ千別ちわきに千別ちわきて 天降あまくだ依奉よさしまつりき

依奉よさしまつりし四方よも国中くになか大倭日高見国おおやまとひだかみのくに

安國やすくに定奉さだめまつりて した磐根いはね宮柱太敷立みやばしらふとしきた

高天原たかまのはら千木高知ちぎたかしりて 皇御孫命すめみまのみことみづ御殿仕奉みあらかつかへまつりて

あめ御蔭みかげ 御蔭みかげ隱坐かくりまして 安国やすくにたひらけく知食しろしめさむ

国中くぬち成出なりいでむあめ益人等ますひとら過犯あやまちをかしけむ種種くさぐさ罪事つみごと

あまつみ くにつみ 許許太久ここだく罪出つみいでむ

でば あま宮事以みやごともちて あま金木かなぎ本打切もとうちき末打断すえうちたちて

千座ちくら置座おきくら置足おきたらはして あますがそを本刈断もとかりたち 末刈切すえかりきりて

八針やはり取辟とりさきて あま祝詞のりと太祝詞事ふとのりとごと

らば あまかみあめ磐門いはと押披おしひらきて

あめ八重雲やへぐも伊頭いづ千別ちわきに千別ちわきて 聞食きこしめさむ

くにかみ高山たかやますゑ 短山ひきやますゑ上坐のぼりまして

高山たかやま伊褒理いぼり 短山ひきやま伊褒理いぼり搔別かきわけて 聞食きこしめさむ

聞食きこしめしてば つみつみらじと

科戸しなどかぜあめ八重雲やへぐも吹放ふきはなことごと

あした御霧夕みぎりゆふべ御霧みぎり朝風あさかぜ 夕風ゆうかぜ吹払ふきはらことごと

大津辺おほつべ大船おほふね舳解放へときはな艫解ともとはなちて

大海原おほうなばら押放おしはなことごと彼方をちかた繁木しげきもと焼鎌やきがま敏鎌以とがまもちて

打掃うちはらことごとのこつみらじと 祓給はらへたま清給きよめたまこと

高山たかやま末短山すゑひきやますゑより佐久那太理さくなだり落多岐おちたぎ

速川はやかは瀬織津比売せおりつひめかみ 大海原おほうなばら持出もちいでなむ

持出往もちいでいなば 荒潮あらしほしほ八百道やほぢ

八潮道やしほぢしほ八百会やほあひ

速開都比売はやあきつひめかみ 持加加呑もちかかのみてむ

加加呑かかのみてば 気吹戸いぶきど

気吹戸主いぶきどぬしかみ 根国ねのくに 底国そこのくに気吹放いぶきはなちてむ

気吹放いぶきはなちてば 根国ねのくに 底国そこのくに

速佐須良比売はやさすらひめかみ 持佐須良もちさすらうしなひてむ

佐須良さすらうしなひてば つみつみらじと

祓給はらへたま清給きよめたまことあまかみ くにかみ 八百万神等共やほよろづのかみたちとも

聞食きこしめせとまを

現代語訳

現代語訳はこちらです。

天上界の高天原にいらっしゃる天皇陛下の親神である親神である尊貴な男女の神々は、多くの神々を何度もお集めになり、何度も話し合いを重ねられた結果、(天照大御神の子孫である)天皇に「豊かに生い繁った葦原の美しい稲穂の実る我が国を平和で穏やかに、国民が幸せになるようにお治めなさい」と託されました。

このように委託なさったうえで、国内の乱暴な神たちに「なぜ乱暴なことをするのか」とよくよく問うたり、それでも聞かない場合は追い払うものとして一掃されました。その結果、それまでものを言っていた磐や木の切り株、草の一枚の葉までを黙らせ、国内は平定されました。こうして天皇は、天界の御座所を離れて、天界の幾重にも重なる雲を押し分けに押し分けて天から地上に降りられました。

(そして)四方の国の中心として大和の国を素晴らしい太陽の高く輝く穏やかな安らかな国として定められ、地下の岩盤に届くほどの太くて堅牢な宮柱を立て、高天原に届くように千木をつけ、天皇の若々しく生き生きとした壮大な神殿をお建てになられました。

そして、天皇の神殿としてお籠もりになられ、我が国を安穏な国として平穏にお治めになられました。

しかし、そのような国の中に生まれ出た本来は立派な人々がついうっかりと犯す種々の罪が次々と増えていき、天界の罪と地上の罪といった実に多くの罪が現れることになりました。

このように犯罪が出てきたなら、高天原の神事をもって、金属のような硬い木(高天原で使われるとされる祓串用の細い木)の上下を断ち切り、祭壇を設けてたくさんの供物を供え、高天原にある麻の木(天の管そ)の上下を断ち切り、多くの針で細く引き裂いて高天原伝来の神聖な祝詞【天つ祝詞の太祝詞事】を奏上しなさい。

そのようにして祝詞を奏上すれば、天上界の神さまは頑丈な天の岩戸を押し開き、幾重にも棚引く雲を掻き分けて(下界の)声をお聞きになるだろう。(そして)地上界の神さまは高い山、低い山の頂にお登りになって高い山の庵も低い山の庵も掻き分けてお聞きくださるだろう。このように天つ神と国つ神がそれぞれお聞き届けになれば、国中の罪は悉く無くなるだろう。

それはまるで科戸という風が吹き起こるところから吹く風が天空の幾重にも重なる雲を吹き飛ばすように、朝夕の霧を朝風夕風が吹き飛ばすように、大きな港に停泊している船が船首と船尾の網を解き放って大海原に押し出されるように、向こうの繁った木の根元をよく切れる鎌で切り払うように、すべての罪は祓われて後に残る罪が無いように祓い清められることを祈るのです。

高い山、低い山の頂上から直角に落ちる滝の流れの速い川にいらっしゃる瀬織津比売という神がすべての罪を大海原に持ち出してくださるでしょう。

このようにしてすべての罪を持ち出したならば、今度は荒々しい潮の流れがいくつも出遭う地点にいらっしゃる速開都比売という神がその罪を悉く飲み込んでくださるでしょう。

そして、速開都比売が罪を飲み込まれると、今度は風が生じるところにいらっしゃる気吹戸主という神が息を吹いて(その罪を)根の国、底の国に吹き飛ばしてくださるでしょう。

このように息で吹き飛ばしてくださったならば、根の国底の国にいらっしゃる速佐須良比売という神がすべての罪穢れを持って彷徨い歩きどこともなく消滅させてくださるでしょう。

このように彷徨い歩いてすべての罪穢れを失くしてくださったならば、一切の罪という罪は消滅すると神さまに祈って祓い清めてくださることを、天上界の神さまも、地上界の神さまも、すべての神さまもご一緒にお聞き入れくださいと申し入れる次第でございます。

広告

参考動画

大祓詞奏上の練習として参考にしてくださいね。

きつね
きつね
正直言いまして…

神職でもない素人が6分間の祝詞を奏上するのはなかなかしんどいものがあります。

ただ、間違いなく感じたのは、大祓詞にはものすごいパワーが秘められているということです。

祝詞独特のリズムに身を委ねて、自分が紡ぐ言霊を感じることができれば、すごいことになるんじゃないかという予感だけはヒシヒシと感じるんですよね。

まだまだ、もっともっと大祓詞奏上の頻度を上げて、大祓詞が持つパワーを引き出していきたいと思います!

広告

このブログを監修いただいている現役神主norikuroさんに遠隔で御祈祷していただけます。

norikuroさんはココナラでプラチナランクを獲得されている凄腕神主さん。
実績はこちら

実はこのブログもご覧いただくあなたに幸運が訪れるよう御祈祷していただいています。

リアルな神社ではお願いしにくいこともネットでなら可能です。
ぜひあなたもこちらからお試しください。
↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA