祝詞

神道の祝詞と唱えことばの違い|神主さんに教えてもらった内容の備忘録

きつね
きつね
今回は、神道での唱えことばについて取りあげてみます。

以前きつねが唱えことばと祝詞の違いがよくわからなくて、神主さんにお尋ねして教えてもらったことの備忘録的なものとなります。

唱えことばと祝詞の違い

例えば、「南無阿弥陀仏」を唱えるシーンとしてイメージするのは、仏壇の前に正座してひたすら「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏…」と唱えるとか、ピンチのときにひたすら「ナンマンダブ、ナンマンダブ、ナンマンダブ…」と唱えるシーンを思い浮かべるのではないでしょうか。

このように、おまじない的に唱える言葉のことを「唱えことば」と言います。

唱えことばに厳密な定義があるわけではありませんが、あえて整理するなら、

神主さん
神主さん
唱えことばというのは、呪術的、マントラ的なもので、言葉を唱えること自体で効果をもたらすようなコトバ、と考えるとよいですね。

ここは人によって理解が異なるかもしれませんが、私はそのように理解しています。

となるそうです。

仏教では「南無阿弥陀仏」と唱えることで、阿弥陀仏に帰依して救いの効果をもたらすと考えられています。

ほかにも、「ノウボウ・アキャシャ・ギャラバヤ・オン・アリ・キャマリ・ボリ・ソワカ」と唱えることで絶大なる記憶力が目覚めると考えられている真言とかマントラも唱えことばの1つと考えられます。

ひるがえって、神道ではどうか。

神道では唱えことばは存在しません。

神道では特別な唱え言はありません
出典:『神道いろは』

なぜなら神道ではあくまでも神さまに祈願することが前提となるからです。

コトバそのものに力があるとしても、それは神さまに働きかけるための力であるという前提です。

あくまで神様へお願いすることにより神様がお力を与えてくださる、その結果現実が変わるという理解になります。

まさに、祝詞ですね。

整理すると、

  • 唱えことば:コトバ自体が現実を変える力を持つ
  • 神道の祝詞:神さまに働きかけることによって現実を変える力を持つコトバや文章(神道では「唱えことば」はない)

ということです。

広告

唱えことば的に理解されている祝詞

とはいえ、神道でも唱えことば的に理解されている祝詞が複数あります。

  • 神拝詞
  • とほかみゑみため
  • 十言神咒(とことのかじり)

などです。

神拝詞

神拝詞は、神社の賽銭箱のそばに神拝詞を書いた板が立てかけてあったりします。

略拝詞

はらたまい きよたま

かむながら

まもたまへ さきはたま

(現代語訳)
お祓いください
お清めください
神さまのお力により
お守りください
幸せにしてください

画像にもあるように、神拝詞とかいて「となえことば」と読み仮名がふられています。

でも、本来は神拝詞も祝詞の一種ですので、いわゆる唱えことばとは異なります。

ただ、短文で、誰でも簡単に唱えることができることから唱えことば的に理解されているのです。

とほかみゑみため

とほかみゑみためは、本来は、

吐菩加身依身多女とほかみ ゑみため 寒言神尊利根陀見かんごんしんそん りこんだけん はらたまきよたま

の祝詞となります。

このうち、「とほかみゑみため」が取り出されて唱えことば的に理解されています。

とほかみゑみためを含む三種祓詞(三種大祓詞)を解説します とほかみゑみためと聞くと、能力開発、先祖供養、神さまが味方してくれるといった効能を期待される方も多いのではないでしょうか。 ...

十言神咒(とことのかじり)

十言神咒とは、

天照大御神あまてらすおほみかみ

と、アマテラスオホミカミの言霊を唱える古神道の行法です。

神道的に唱えことばは存在しないということなので、唱えことばとしては位置づけできませんが、きつねの感覚的には祝詞というより唱えことばと理解して良さそうな気がします。

人生を変える短文祝詞集|ひふみ祓詞、布瑠の言、一切成就祓、十言神咒 神社や神棚で奏上することはもちろんおすすめですが、通勤・通学中、仕事・勉強・家事での息抜きの間など、スキをみて何度も何度も唱...
広告

まとめ

今回、唱えことばの定義を整理させてもらいました。

自分で整理しておきながらなんなんですが、ま、一応の整理であって、あなたの唱えるコトバが「唱えことば」なのか「祝詞」なのかということ自体は重要なものではありません。

きつね的には、大切なのは常に神さまの存在を意識することだと思うので、短文で唱えことば的に使えるコトバがあるならば、生活の中にどんどん取り入れていけば良いと考えています。

なお、祝詞全般の理解についてはこちらが詳しいです。

神道の祝詞の意味や効果とは?どんな種類があるの?例文や奏上の仕方も紹介します 祝詞と書いて「のりと」と読みます。 「しゅくじ」と読む場合は祝辞ですね。 入学式や卒業式で読まれるようなもののことで...

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

あなたの開運を心より祈念いたします。

広告

このブログを監修いただいている現役神主norikuroさんに遠隔で御祈祷していただけます。

norikuroさんはココナラでプラチナランクを獲得されている凄腕神主さん。
実績はこちら

実はこのブログもご覧いただくあなたに幸運が訪れるよう御祈祷していただいています。

リアルな神社ではお願いしにくいこともネットでなら可能です。
ぜひあなたもこちらからお試しください。
↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA