神棚の祀り方

神棚のお札の交換時期はいつ?交換しないのもありってホント?喪中の対応や処分方法も!

広告


神棚のお札は1年に1回交換するといいますが、いつ交換するものなんでしょうか? そもそも交換しないといけないものでしょうか?

一般的な考え方と、それぞれ個人での考え方と、どう折り合いをつければいいのか、解説していきますね。

神棚のお札は1年に1回交換するもんだよって聞きますが、いつ交換したらいいんだろう?

いや、そもそもなんで1年に1回交換するの?

交換する必要ってあるの?

そんな疑問が次々と…

なんてことありますよね。

なんとな〜く、1年に1回交換しておけばいいって考えるんじゃなくて、しっかりと疑問を持つことって大切だと思います。

そこで、この記事ではあなたの疑問に答えるために

  • 神棚のお札の交換時期
  • 神棚のお札を交換する理由
  • 交換しないといけないのか
  • 交換したお札の処分方法

についてがっつりと詳しく解説していきたいと思います。

お札は「お神札(おふだ)」、「神符(しんぷ)」ともいわれます。この記事では、以下「お神札」の表記で統一します。
【参考文献】
なお、こちらの記事は以下の書籍などを参考に作成しています。

  • 神社検定公式テキスト①『神社のいろは』(扶桑社)
  • 『なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか?』(窪寺伸浩)<あさひ出版>

また、現役の神職さんにも監修してもらっています。

神棚のお神札の交換時期

このブログでは、神社神道にまつわる疑問があれば、基本的には全国の神社を総括している神社本庁の考え方に基づいて整理しています。

また、それでもよくわからないことや補足的な情報については、このブログを監修していただいてる現役の神主さんにも確認しています。

で、お神札の交換時期についての神社本庁公式HPの見解は、

年の暮れには、大掃除をして新しい年を迎える準備をしますが、同様に、神棚もきれいに掃除をして、新しいお神札をおまつりして新年を迎えます。

としています。

つまり、

1年に1回、年末に新しいお神札と交換する

というわけですね。

なので、年末の神棚の掃除が、すす払いの日(12月13日)やそれ以降に行われることが多いので、12月のあまり遅くならない時期に、掃除のあと新しいお神札と交換するとよいということになります。

 

ちなみに、12月29日に新年の準備をすることを「二重苦」といったり、30日や31日になると「一夜飾り」といったりして、駆け込みでの新年の準備はよくないという考え方があります。

このような考え方について、このブログを監修していただいている現役神主様からは、

あくまで俗説であり、根拠があるものではないですし、多くの企業で29日や30日までお仕事のある現代人にとっては現実的ではない面もありますので、気にする必要はありません。

と安心できるお言葉をちょうだいしています。

 

さて、ここで交換が必要なお神札というのは、

  • 天照大御神を祀る神宮大麻
  • 産土神社(氏神神社)のお神札
  • 崇敬神社のお神札
  • その他参拝神社のお神札

を想定しています。

関連記事>>>神棚のお札の購入方法|購入する場所や時期は?金額はいくら?種類による違いも!
関連記事>>>神棚のお札の並べ方|2枚以上あるときはどうする?置き方を画像で詳しく解説!

要するに、神棚にお納めしているお神札すべてですね。

この点、新しい神宮大麻は毎年9月の中旬に全国の神社に頒布され、全国の神社では、12月の初旬から各家庭に授与されるようになります。

新しいお神札が神社に準備されるタイミングからしても、交換時期は年末がベスト、ということですね。

ad4

1年に1回お神札を交換する理由

では、どうして1年に1回お神札を交換する必要があるのか、そこのところが気になってきますよね。

それなりにお神札の初穂料を支払うんだから、しっかりその根拠が知りたい!

その気持ちごもっともです。

この点も神社本庁の考え方を紹介したかったのですが、いまいちしっくりくる説明が見つからなかったので、神社本庁に属する東京神社庁の見解を紹介させてもらうことにします。

東京神社庁の説明では、

  • 新しいものに宿る瑞々(みずみず)しい生命力は古(いにしえ)から今に至るまで、日本人にとって畏敬(いけい)の対象であり続けています。
  • すべてのものが改まるお正月を迎えるにあたりお神札を新たにするのは、より新しいお力より若々しい生命をいただこうとする日本人の心性に根差した習慣であり、先祖伝来の美風です。

とされています。

要するに、

  • お神札も1年経つと神様のパワーが弱くなってくる
  • だから年が改まるタイミングでパワー満タンのお神札と交換しよう

ということですね。

しかも、そういう考え方が日本人の古来からの深い意識に根ざしたものなんだよ、と。

たしかに、日本人って、大晦日から元旦、初詣と、暦の切り替わりを利用して、心機一転、気持ちを新たにしますよね。

新年にその年の目標を立てたりとか。

「リセット」というんでしょうか。

そういう日本人の気持ちのあり方をお神札にも反映して、1年に1回、新年を迎えるタイミングで交換する、という考え方をすることはなんとなくしっくりきます。

こういう考え方って、1年という周期で考えるものもあれば、もっと大きなスパンで考えるものもあります。

例えば、有名なところでいえば、伊勢の神宮の式年遷宮ですね。

20年に一度、神宮の社殿を造り替えるというものです。

なぜ20年に一度なのか、歴史の授業で登場する持統天皇の御世から続くもので、はっきりしたことは今もって不明なのですが、神様の新たなパワーを取り入れる、という考えが前提にあることは間違いありません。

あるいは、千葉県の香取神宮や茨城県の鹿島神宮でも20年に一度、遷宮が行われています。

そういう意味でも、ある周期で神様のパワーを新たに取り込むというのは広く神社神道の世界では行われていることで、お神札の場合は1年という周期で考えられている、ということになるんですね。

ad5

喪中でのお神札の交換

年末にお神札を交換するのが神社本庁の考え方だと紹介しましたが、例外的な場合があります。

忌中と呼ばれる期間に年末年始が重なる場合です。

忌中とは、故人のお祀りに専念すべき期間のことで、この期間は神社への参拝や神棚での祀りは控えることとされます。

一般的にこの忌中は50日間とされていますので、年末がちょうどこの期間にあたる場合には、忌明けのときに神棚を掃除し、お神札を交換することになります。

ちなみに、と呼ばれる、精神的に故人を偲ぶとされる期間があります。

例えば、父母が亡くなった場合は、13ヶ月間が服の期間となり、この期間のことを喪中といいます。

この喪中とお神札の交換とは直接関係ありません。

あくまで、忌が明ければ、喪中であってもお神札の交換はできるので、ここは間違えないようにしてくださいね

忌中の神棚のお祀りに関して、詳しくは関連記事>>>工事中をご確認ください。

ad6

神棚のお神札を交換しないのはあり?

1年に1回交換するっていうのはわかったけど、絶対やらなきゃいけないの?

やらないとバチがあたるの?

 

正直、誰もが感じてしまう疑問ですよね。

この疑問は管理人も抱いてしまったものだったので、この記事を監修していただいている現役神主さんに聞いてみることにしました。

すると…

ズバリ、

交換しなくても問題はなく、バチが当たるなんてことはありません!

との回答が。

もちろん、その理由もしっかり確認しました。

おっしゃっていたのは、

  • そもそも神棚の祀り方に絶対はないこと
  • あくまで大切なのは神様をお祀りしようという気持ちであること
  • 1年に1回お神札を交換するのは神様をお祀りする一つの形にすぎないこと

ということだそうです。

たしかに、神社本庁が示しているのは、一つのお祀り方法の例であって、この形でなければならないというものではありません。

当然、地域ごと、家族ごとのお祀りの仕方がありますし、それが優先されてしかるべきなんですね。

そういう意味で、神道の考え方というのは自由なものなんです。

ただ、神主さんはこうも言っていました。

とはいえ、新しいお神札をお祀りして、ご神威を新たにする段取りを踏むことは、あなたのなかで神様の存在が大きくなることを意味し、物事に向き合う姿勢に変化が現れ、様々なことが良い方向に向かうことは大いにありえます

と。

なるほど〜!
深い言葉ですね。

管理人なりの解釈としては、

  • お神札を交換しないことを理由にバチがあたることはない
  • ただ、お神札を交換することで神様をより強く感じて物事が良い方向に転びやすくなる

ということです。

たしかに、年末にご神札の初穂料をそれなりに負担することになりますが、神主さんの言葉を信じて管理人は毎年ちゃんと交換しようと思います!
ad7

交換したお神札の処分

さて、交換した後の古いお神札のことを古札(こさつ)といいますが、この古札はどのように扱えばよいのでしょうか。

この点、神社本庁の案内では、

  • 今までお祀りしていたお神札は、神社にお礼参りをして納めます。この古札は、お守りなどともに、多くの神社でお焚き上げされます。このお焚き上げは、「左義長」や「どんど焼き」などと称され、1月15日を中心に行われ、その際には門松や正月飾りなどもお焚き上げされます。
    なお、神社によっては、お焚き上げではない方法で古札を受けているところもあります。
  • 遠くの神社で受けたお神札で納めに行くのが困難な場合は、近くの神社などにお焚き上げしていただけるか問い合わせてから納めに行くのがよいでしょう。

とありますので、

  • お神札をお受けした神社に納めに行くのが基本
  • お受けした神社でなくてもお焚き上げしてもらえるかは神社に問い合わせること

ということになります。

ただ、一方で、お焚き上げの際に、お神札や正月飾りを何でもかんでも引き取ってしまうと、神社のほうで処理しきれないことも出てきます。

それと、昨今では近隣の住民の方との煙のトラブルも増えているようで、神社本庁の案内も微妙な表現を使っていることもあります。

地域の分別にしたがって、自治体の回収に出せますが、神様の依り代となったものですので扱いは丁重に。例えば、お塩を振り清めてから紙などにくるんで出します。大きなものは、小さく切るか折るなどして出しましょう。
焼却施設のある神社やどんど焼き(左義長)などを行う地域では、受け入れ可能なところもありますが、各家庭のお正月飾りが集まると処理しきれないところもあります。特に神社の場合は、まず電話などで伺ってからにしましょう。

なので、お神札をお受けした神社であっても、お焚き上げしてもらえるかは念のため確認したほうがよいです。

もし、受け入れてもらえない場合は、上記にあるように、地域の分別に従って、お塩で清めてから半紙などに包んで護美(ゴミ)として出すようにします。

ad8

まとめ

年に1回、年末に交換ですね。ご神威を新たにして神様をビシビシ感じていきたいので、もちろん交換することにします!

神棚やお神札のお祀りの仕方に絶対はありません。無理のない範囲で、心を込めてお祀りしてくださいね。

まとめると、

お神札の交換は、神棚の掃除とともに、1年に1回年末に行うこと

ただし、絶対の決まりではないので、無理のない範囲でかまいません。

なので、お神札を交換しないとしても神様のバチがあたるというものではありませんので安心してください。

なお、年末年始が忌中と重なる場合は、忌明けにお神札を交換しましょう。
(喪中であっても忌明けになれば大丈夫なのでご注意を!)

古札の処分については、

  • 基本はお受けした神社にお納めしてお焚き上げしてもらう
  • 昨今の事情でお焚き上げできない神社もあるので事前に確認すると安心できる

ということでした。

それでは最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告