神棚の祀り方

女性が神棚に触れるのを禁止するなんてナンセンス?掃除やお供えをしても問題ない?

広告


 

私の会社では神棚の掃除やお供えは必ず男性がしてるんです。女性は触れちゃいけなってことになってて…

今でも業種によっては女性が神棚に触れることに厳しいところもありますね。理由とともに考え方を整理していきましょう。

たしかに、今でも地域や特定の業種・団体によっては女性が神棚に触れることを禁じるところもあるようです。

男女平等といわれて久しく、これだけ科学が発達した世の中なぜこのような考え方が残っているのでしょうか。

すごく疑問に感じるところですよね。

そこでこの記事では、

  • 女性が神棚に触れていはいけないとされた理由
  • 本当に触れてはいけないのか
  • 結局どうすればいいのか

について整理していきたいと思います。

女性が神棚に触れてはいけないとされた理由

実際、今でも女性が神棚に触れるのはよくないという考えを持つ方はいらっしゃいます。

建設業に携わっている管理人の友人によると、神棚のお世話は男性社員の役割だと言っていました。

特に「安全」を重んじる建設業では、迷信とは思いつつも何かあっては怖いので、そうした古い考えに従っているとのことです。

 

では、なぜ今でも女性は神棚に触れてはいけないという考えが残っているのか?

 

神道では穢れ(けがれ)を忌み嫌いますが、穢れは物理的に汚れているという場合だけを指すのではありません。

例えば、死、血、病気、出産なども穢れと考えます。

そして、特にこの「血」の穢れが女性との関連が強いものになります。

というのも、女性には毎月月経があり、出産もあります。

その意味では、女性は男性と比較すると血に触れやすくはあります。

このことが、いつしか女性=血で穢れた存在とする考え方が生まれたのです。
(このような考えは平安時代以降に定着していったとの説があります。)

実際、

  • 女性天皇が月経期間中は宮中祭祀が行われなかった(『皇族たちの真実』(竹田恒泰))
  • 戦前は女性が神職になることができなかった

というような影響もありました。

こうした具体的な影響の一つとして、女性は神棚に触れてはいけないという考えが広まるようになったんですね。

ad4

ホントに女性は神棚に触れちゃダメ?

女性自体が穢れとして考えられるようになった背景には、平安時代以降、中国(当時は唐)の影響で、律令制の輸入とともに、「女性は穢れ」という考え方も輸入されたからだ、という説があります。

平安時代以降、それまでは母系の社会だったところから、家父長制へと転換していく過渡期にあって、女性を穢れとみなす考えが、時の権力者層的には都合がよかったようです。

そもそも、古事記の世界に出てくる古代の日本では、天照大御神はじめ女性の神々も多く登場して、女性を穢れとするような考え方はなかったのですから、このような説には一定の説得力があるように思います。

こうした背景を踏まえると、

女性が神棚に触れてはいけないなんて考えるのは、ちょーナンセンスで、本来の神道の考え方からは外れてるといえます。

実際、戦後は女性が神職になることもできるようになりました。

女性が神事に従事することも認められるわけです。

そんなことが時代とともに変化するなんて本来はヘンですよね。

根本的な神道の考え方が変わってしまうなんておかしいですから。

そういう意味では、現在、女性が神職になれるようになったというのは、本来の正しい姿に戻ったともいえますね。

 

実際、このブログを監修してもらっている神主さんにこの点を確認してみても、

女性が神棚にお供えしたり掃除をしたりすることに何の問題もありません。
神様を敬う気持ちに男女差があるわけがないんですから。

との言葉をいただいています。

ad5

でも実際どう対応すればいいの?

女性が神事に従事できないと考えることがナンセンスだといくらこのブログで叫んでみても、世の中にはいろんな考え方があります。

特に、神道も宗教の一つだと考えると、何が正しくて正しくないかを論理的に考えても解決しません。

そう考えると、現実に、女性は神棚に触れるべきじゃない、と信じている人に直面した場合、どう対応すればいいのか悩ましい問題です。

一つの解決策として…

これは件の神主さんからのお話です。

当神社では、男女問わず、怪我や月経で出血があったような場合は、自分で自分に塩を振りかけてお祓いをしてから神事に臨んでいます。

とのことだそうです。

たとえ月経期間中であっても、神社ですらセルフお祓いで神事に従事できると考えているのですから、家庭内の祭祀である神棚のお世話ではなおのこと従事可能となるはずです。

もし女性は神棚に触れるべきじゃないと考えている方をどうしても説得しなくてはいけないような場合は、「神主さんからそう聞いた。実際に神社でもそうしてる。」とこのブログの内容を説明してみてください。

 

それでも相手が納得しないのなら…

理屈を超越した世界なので、人間関係を優先して引き下がるのも一つです。

そんな時は心の中でこの言葉を思い出してください。

神は人の敬によりて威を増し
  人は神の徳によりて運を添ふ   

という言葉です。

鎌倉時代の執権、北条泰時が制定した御成敗式目という幕府の基本法典の第一条に謳われているものです。

神様を敬う気持ちが強ければ強いほど神様のエネルギーは高まり、人は、その神様のエネルギーによって運気が後押しされる、という意味になります。

ここに示された言葉に男女の区別などありません。

「人」が神様を敬う気持ちこそが神様のエネルギーを高める、としか書かれていないんですね。

まさにその通りだと思います。

神様のことを正しく敬うあなたにも等しく、神様からのエネルギーの後押しが訪れるのです。

埒が明かない議論に拘泥するよりも、神道の本質的なところを胸に一歩引くのが賢明かと思います。

ad6

まとめ

なるほど。女性が神棚に触れちゃいけないとする考えには「血=穢れ」の考え方があったんですね。

女性の神職が認められるように、制度的な壁は取り払われつつありますが、心理的にはまだそのような考え方を持つ人もいらっしゃいますね。

まとめると、

女性は神棚に触れてはいけないとされたのは、女性=血の穢れと考えられたことが背景にありました。

ただ、このような考え方は、平安時代以降に定着したもので、本来の神道の考え方に存在したものではありません。

なので、女性が神棚に触れ、お供えをしたり掃除をすることに全く問題ありません。

とはいえ、古い考え方にこだわる方もいらっしゃいます。

一つの解決策は、男女関わらず、出血があったときには、自分自身を塩で祓いお清めするという方法です。

実際に神社でもされているお清めの方法です。

それでも納得されない相手に対しては、宗教上の考え方の違いなので、理屈で言い争っても埒があきません。

御成敗式目の言葉を思い起こしながら、ここはいったん引き下がるのも賢い選択だと思います。

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告