神棚の祀り方

神棚にお供えするお酒|お供えや交換のタイミングは?その後の処分はどうする?

広告


神棚にお供えするお酒って、どんなタイミングで交換して、その後の処分はどうするのが正解なんでしょう?

ご家庭で毎朝お酒までお供えするとなると、正直大変ですね。
まずは、基本的なお供えや交換のタイミング、それからお下がりの考え方について押さえておきましょう。

 

神様とのご縁が深いお酒

ぜひ神棚にお供えしたいんだけど、

お供えや交換のタイミング、交換後のお酒の扱いがわからない…

なんて判断に迷うことがあるかと思います。

そこでこの記事では、

  • 神棚にお酒をお供えするタイミング
  • お供えしたお酒の交換時期
  • お供えした後のお酒の処分方法

などについて詳しくお伝えしていきます。

【参考文献】
なお、こちらの記事は以下の書籍などを参考に作成しています。

  • 神社検定公式テキスト①『神社のいろは』(扶桑社)
  • 『なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか?』(窪寺伸浩)<あさひ出版>
  • 竹田恒泰の富山チャンネル 第34回
広告


神棚にお酒をお供えする時期

神棚にお酒をお供えする時期については、いろんなブログで諸説紹介されています。

そのせいか、様々な意見があって、結局どれが本当かわからない、という声をよく聞きます。

そこで、全国の神社を統括する神社本庁(宗教法人)がどのように紹介しているのかを確認してみましょう。

神社を統括している神社本庁がおっしゃるのですから間違いはありませんから。

 

神社本庁では、神棚へお酒をお供えするタイミングについて、

毎月1日と15日、正月、その他神社の例祭日、家族にとって大事な日にお供えする

としています。

1日と15日のお供えというのは、神社で毎月の神事が行われているタイミングに合わせるという趣旨です。

神社の毎月の神事のことを月次祭(つきなみさい)といいます。

その他は、お正月や近くの神社で神事を行う特別な日にお酒をお供えするということです。

ちなみに、神社本庁ではその他のお供えものについて、

  • 米、塩、水毎朝お供えする
  • 野菜、果物など:毎月1日と15日、正月、その他神社の例祭日、家族にとって大事な日にお供えする

としていますので、お酒をお供えするタイミングは、野菜や果物などと同じということになります。

 

これが神棚へお酒をお供えする際の、正式なタイミングです。

ただ、近くの神社の例祭日など、タイミングとしてわかりにくいものもあるかと思います。

なので、毎月1日と15日にはお供えするようにしましょう。

 

いつも何かと相談に乗ってもらっている神主さんに尋ねると、

もともとお酒のお供えは必須のものではありません。

ですので、毎月1日と15日にお供えすることができれば素晴らしいことです。

とおっしゃっていただいています。

できる範囲で、心を込めてお供えすることが大事だということですね。

広告

神棚にお供えしたお酒の交換時期

神棚にお酒をお供えするタイミングがわかったところで、お酒を交換する時期はいつになるのでしょうか。

先ほど紹介したように、お酒をお供えするタイミングが毎月1日と15日なので、そのタイミングでお酒を交換するというのも1つの考え方です。

ただそうすると、

2週間以上神棚にお酒を供えたままになってしまう…

と、ちょっと長すぎる気がしますね。

季節にもよりますが、梅雨から夏場にかけての時期だと瓶子(お供え用の容器)にカビが生えてた、なんてこともあるようです。

また、神棚を設置している部屋の湿度などの影響もあるでしょう。

 

さて、ここでの「交換時期」とは、

一度お供えしたお酒はいつ下げればいいか?

ということにも関連します。

神社本庁が発刊するテキスト等で、この点についての明確な記載は見つけられませんでした。

 

ただ、神社本庁のお供えの考え方は、神社参拝に関連して以下のように示されています。

神事の際には神様にお食事を献上する

神様にお食事を差し上げておもてなしをする

神事に参列した人たちでそのお下がりをいただく

という流れです。

つまり、神様への供えものは参拝の後にお下げして参列者みんなで食べると考えているんですね。

 

このように、神事の後に、神前にお供えしたお食事を神職はじめ参列者みんなでいただくことを直会(なおらい)といいます。

あなたも神社の拝殿に正式参拝した後、巫女さんからお供えしたお酒などを1杯いただいた経験はありませんか?

↓↓↓

実はこれも直会です。

 

なぜ参拝前にお供えしたお酒を参拝後にいただくのか?

それは、

  • 参拝前:ただのお酒
  • 参拝後神様のパワーが宿ったお酒

と考えられているからです。

信じるか信じないかはあなた次第ですが、せっかく正式参拝までしたんですから、

参拝後のお酒には神様のパワーが宿っている!

と見立てて、ぜひぜひいただいてくださいね。
(あ、もちろん車を運転される方はNGですよ。持ち帰りできる場合もあるのでそうしてくださいね。)

 

さて、話を元に戻して、神社におけるお下がりの考え方について、自宅の神棚にお供えしたお酒に置き代えてみると、

神棚にお酒をお供えする

神棚に参拝する:二拝二拍手一拝

お下がりとして家族でいただく

ということになります。

つまり、お供えして神棚にお参りしてからすぐに下げる、というのが神社参拝にならった正しいやり方ということです。

もちろん、こうしなければいけないという決まりではありません。

困ったときの例の神主さんによれば、

 

  • 朝にお供えして参拝のあとすぐに下げる
  • 朝にお供えして夜に下げる
  • 次のお供えのときに下げる

など、ご家庭の状況に応じて交換なり下げてもらえばいいですよ。

 

とのことでした。

現実問題、季節によっては早めに下げたほうが良いので上記を参考に柔軟に対応しましょう。

広告

交換後(下げた後)のお酒の処分

お下がりとなったお酒をどうするのか、これも悩みますね。

正式には、先ほど紹介したように、

お下がりは家族でいただく(もちろんお酒が飲める人で)

となります。

神様のパワーを家族みんなでいただくというわけです。

もちろん、これとて絶対の決まりではないので、

例えば、

  • お酒が飲めない
  • お供え用の容器に入れたものを飲むのはちょっと…
  • 古くなって口にするのはどうも…

なんて場合もあるかと思います。

そんな場合は、飲む以外にも、

  • 料理酒として利用する
  • お風呂に入れてちょっとした酒風呂にする
  • お清めとして鬼門など家の周りにまく

など、抵抗のない方法で活用してください。

 

いずれも、体内に直接取り込むほどではありませんが、神様からいただいたパワーを生かす活用の仕方ですね。

単に捨てるというのはもったいないな〜、と思います。

ちなみに、酒風呂には、邪気の浄化、美容効果などがあるといわれています。これらの効果について当ブログではなんとも言えません。

ですが、昔からお清めのためにお酒は利用されてきました。

なので、管理人的には、悪い気が蓄積してるな〜と感じた場合には、ちょっとした効果があるかも、と思ってお下がりのお酒をたまにお風呂に入れることもあります。

広告

まとめ

こまめにお供えするのはむずかしいですが、2週間に1回程度ならなんとかなりそうです!

お供えによって神様をもてなすだけでなく、お下がりを体内に取り込んで神様のパワーをいただいてくださいね。

まとめると、

 

神棚にお酒をお供えするタイミングは、

毎月1日と15日、正月、その他神社の例祭日、家族にとって大事な日

となります。

とはいえ、「しなければならない」という決まりではないので、例えば、1日と15日だけにするなど、可能な範囲でお供えしてくださいね。

 

また、お供えしたお酒を交換するのは、

お供えして参拝した後

となりますが、こちらもご家庭の事情に合わせてタイミングは調整してください。

ただ油断すると夏の時期はお酒を入れる瓶子にカビが生えてきたなんてことになるのでくれぐれも気をつけて!

 

お供え後のお酒はお下がりとしてぜひ家族で召し上がってください。

お酒が無理だったり、ちょっと抵抗がある場合は、料理酒、酒風呂、お清め用としての活用法もありますよ。

 

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告

このブログを監修いただいている現役神主norikuroさんに遠隔で御祈祷していただけます。

norikuroさんはココナラでプラチナランクを獲得されている凄腕神主さん。
実績はこちら

実はこのブログもご覧いただくあなたに幸運が訪れるよう御祈祷していただいています。

リアルな神社ではお願いしにくいこともネットでなら可能です。
ぜひあなたもこちらからお試しください。
↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA