神棚の祀り方

神棚にお供えする塩は食塩でも良いの?おすすめの種類は?盛り方や処分方法も解説!

広告


神棚にお供えする塩って、とくに種類などにこだわらなくても良いのでしょうか?

いろんな意見があるかと思いますが、信頼できるネタ元からくわしく解説していきますね。

 

会社で神棚の塩を交換していると、

「え?食塩をお供えしてるの?それまずくない?」

と先輩から注意された…

そんな経験お持ちの方は多くはないと思いますが、はい、これは管理人の友人の経験です。

ビックリした友人は、すぐに神社神道おたくの管理人にあわててラインで相談してきました。

もちろんズバッと回答させてもらったんですが、せっかくなのでその回答内容をこちらの記事でもシェアさせてもらおうと思います。

そこで、この記事では、

  • 神棚にお供えする塩の種類
  • 神棚の塩の盛り方と位置
  • 塩の交換時期や処分方法

などについて解説していきます。

【参考文献等】
なお、こちらの記事は以下の書籍などを参考に作成しています。

  • 神社検定公式テキスト①『神社のいろは』(扶桑社)
  • 『なぜ成功する人は神棚と神社を大切にするのか?』(窪寺伸浩)<あさひ出版>
  • 竹田恒泰の富山チャンネル 第34回

また、現役の神職さんにも監修してもらっています。

広告


神棚の塩の種類

神棚の塩の種類についてはいろんな意見があろうかと思います。

この点について一番確実な確認方法は、全国の神社を総括する神社本庁(宗教法人)の考え方を確認することです。

そこで、その神社本庁の考え方を確認してみると、


神社検定公式テキスト①『神社のいろは』(扶桑社)

としか言及されていません。

念のため、東京神社庁(神社本庁の地方機関の1つ)のホームページで確認しても、やはり、

だけなんです。

つまり、神社本庁が言わんとしていることは、

  • 塩の種類は何でも良い
  • 各家庭で適宜考えるが良し

ということです。

なので、いわゆる精製されてミネラル分がほとんど含まれていない食塩でも、ミネラル分が豊富に含まれた粗塩でも何でも良いわけなんですね。

ただし!

東京神社庁のホームページには、こうも記載されています。

一度神棚にお供えした物には、神さまの御霊(みたま)がこもりますから、お下げしたあとは一家揃っていただきます。

と。

つまり、お下げした後、その塩を家族でいただくということであれば、お供えする塩の種類は、あなたの家族が日頃どのような種類の塩を食べているかで判断すればよいということになります。

ここは後で紹介する「神棚にお供えした塩の処分方法」にも関連してくるんですけど、簡単にいうと、

  • 家庭で使う塩が精製塩(いわゆる食塩):食塩をお供えする
  • 家庭で使う塩が粗塩:粗塩をお供えする

ということですね。

もっとシンプルに表現すると、

あなたが口にするものを神様にも召し上がっていただく

ということです。

もちろん、

家庭では粗塩を使うけど、神棚には食塩でいっか

という選択もないわけではありません。

でも、神様を敬う気持ちからすると、自分が口にするものをお供えするのが自然な気持ちではないでしょうか。

広告

神棚の塩の盛り方と位置

塩の盛り方ですが、東京神社庁によると、

白い小皿に山形にして盛り

と紹介されています。

山形にして盛る理由については記載されていませんが、山には昔から神が宿ると言われていますのでそれと関連しているものと思われます。

山形といっても、市販されているような盛り塩器で盛るようなきれいな形まで指示されているわけではないので、

  • 自然と山形になるように盛る
  • 気になるなら指で山形に整える

といった程度で構いません。

どうしてもきれいに盛りたい!

ということであれば、以下のような盛り塩器を利用してみるのもいいですね。
↓↓↓

ちょっと高いですが、ヒノキ製にこだわるなら
↓↓↓

百均でも見かけますが、管理人宅周辺の百均ではちょうどいい感じのものを見たことはないですね(山が異常に大きくて神棚と合わないとか)。

念のためお近くの百均でも探してみてくださいね。

それから、神棚に塩をお供えする位置は、お供えものの種類に応じていろんなパターンがあります。

ですが、必ず

米を中心にして向かって右側が塩

となります。

例えば、イラストで解説すると、

【お酒がないパターン】

【お酒があるパターン】

となります。

もっと詳しい情報は、こちらの記事で紹介していますので参考にしてくださいね。
↓↓↓
関連記事>>>神棚へのお供えの配置の仕方(工事中)

広告

塩の交換時期

塩を交換するタイミングは、東京神社庁公式ホームページで

神棚には、毎朝必ず「神饌(お供え物)」である米(洗米もしくは炊いたご飯)とと水をお供えします。

とされています。

たしかに、神様を人間と同じように考えると、人間に欠かすことのできない、米・水・塩は毎日交換してお供えしたいところです。

ただ、現実には、毎朝交換するというのはむずかしいこともあろうかと思います。

そこで、例えば、

  • 時間のある週1回のお休みの日に交換
  • 神社で毎月の例祭日である1日と15日に交換

といったタイミングで交換しても構いません。

大切なのは、神様を敬う気持ちです。

あなたのできる範囲で、継続してお祀りすることが大切ですから。

毎日無理して、結局「もうや〜めた!」なんてことになるのが一番避けたいことですよね。

広告

塩の処分方法

「処分」という表現はあまり適切ではないかと思います。

つまりは、

神棚からお下げした塩をどうすればいいの?

ということですね。

こちらは先ほど東京神社庁のホームページを紹介したとおり、

一度神棚にお供えした物には、神さまの御霊(みたま)がこもりますから、お下げしたあとは一家揃っていただきます。

これが正式です。

お供えした塩を体内に取り込むということですね。

別記事『神棚にお供えするお酒|お供えや交換のタイミングは?その後の処分はどうする?』でも紹介していますが、神棚にお供えして参拝した前後の塩は全く別ものになります。
(そう考えましょう!)

  • 参拝前:ただの塩
  • 参拝後:神様のパワーが宿った塩

となります。

 

もちろん、食塩が粗塩みたいにミネラル分豊富に生まれ変わる!なんてことはありませんよ。

あくまでも、そういう見立ての問題であって栄養素の問題ではないです。

 

ところで、神事の後に、神前にお供えしたお食事を神職はじめ参列者みんなでいただくことを直会(なおらい)といいます。

わかりやすい例で言えば、神社参拝でお酒をお供えした後、参拝後に御神酒として勧められた経験あったりしませんか?

それが直会です。

直会は、神様からのパワーを存分に宿したお下がりを体内に取り込むものです。

そして、家庭で神棚に参拝した後に塩をいただくことも立派な直会です。

なので、できるだけ

  • 料理に使う
  • ミネラルウォーターに塩を混ぜて飲む

などして体内に取り込んでください。

 

もちろん直会以外の使い方でも構いませんよ。

例えば、

  • お清めの盛り塩として玄関に置く
  • お清めとデトックスのためにお風呂に混ぜる

などの利用方法がありますね。

 

ちなみに、管理人宅でのお下がり塩は、

  • 毎朝交換した塩を1つまみミネラルウォーターに混ぜて飲む
  • 残りの塩は玄関のお清め・入浴の際のデトックスに使う

といった感じで利用しています。

お下がりをトイレやキッチンで処分するのがいけないわけではないですが、せっかくなので、とことん活用することをお勧めします。

広告

まとめ

うちでは粗塩を使っているので、粗塩をお供えしますね。お下がりもせっかくなので料理に使っちゃいます!

食塩を使っているなら食塩をお供えしても問題ありませんよ。どんな形であれ無理のない範囲でお祀りしてくださいね。

まとめると、

  • 神棚にお供えする塩の種類に決まりはない
  • ただし、神様には自分が食する以上のものをお供えしたほうが良い
  • お供えは可能な範囲で山形にしてお米に向かって右側に置く
  • 交換は毎朝が基本だけど無理のない範囲で大丈夫
  • お下がりは神様のパワーが宿っているので体内に取り込むのがおすすめ

この記事での解説は以上となります。

最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。

みなさんの開運を心より祈念いたします。

広告

このブログを監修いただいている現役神主norikuroさんに遠隔で御祈祷していただけます。

norikuroさんはココナラでプラチナランクを獲得されている凄腕神主さん。
実績はこちら

実はこのブログもご覧いただくあなたに幸運が訪れるよう御祈祷していただいています。

リアルな神社ではお願いしにくいこともネットでなら可能です。
ぜひあなたもこちらからお試しください。
↓↓↓

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA